BLOG

星野源、村上春樹も!100人の文体で綴る「カップ焼きそばの作り方」

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』

作家や歌手、エッセイストら100人の文体模写で綴る、カップ焼きそばの調理方法。話題沸騰、抱腹絶倒の一冊、新刊です。

20170613
もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら
著者:神田桂一/菊池良
出版社:宝島社

「カップ焼きそばの作り方」って当たり前だけど無味乾燥。でも、文体ひとつでかやくや湯切りがドラマチックな出来事に変わります。ロマンチックにもエロチックもなるんです。

なんとなく手持ち無沙汰な待ち時間。村上春樹ならこんなふう。「その間、きみが何をしようと自由だ」とクールです。焼きそばに乾いた風が吹いてます。

文体模写の種類は、国内外の作家だけでなく『VERY』や『暮しの手帖』風、女性向け自己啓発エッセイ風、ビジネスメール風と多種多様です。求人広告や迷惑メールの文体も!

太宰治の「焼きそば失格」、川端康成の「伊豆の焼きそば」、又吉直樹の「火ップやきそ花」……。誰かの文体で実際に作ってみたらどうなるんでしょう。正しく美味しいカップ焼きそばが出来上がるかな!?

カップ焼きそばのエッセンスを俳句にふりかけて。
「キッチンや 薬缶飛びこむ 水の音」(「麺の細道」より)

Love, まっこリ〜ナ

***

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング