BLOG

安野モヨコが艶やかな挿絵で文豪と競演「女体」をめぐる八篇

今日のカフェボンボンの本棚は、『晩菊』

漫画家の安野モヨコが「女体」をテーマに作品を選び、挿絵を描き下ろした豪華アンソロジー。太宰治、谷崎潤一郎、岡本かの子、有吉佐和子らの名作を華麗な絵とともに味わう一冊です。

20160619
晩菊 女体についての八篇
選・画:安野モヨコ/著:太宰治、岡本かの子 他
出版社:中央公論新社

谷崎潤一郎の「富美子の足」。白く美しいだけではなく「踵の周りや爪先の方が薔薇色に滲んだ」足。安野モヨコはその足をあえて描かない。隠されているからこそなまめかしい。

太宰治の短篇「美少女」は、女体をめぐる話そのもの。妻と混浴温泉に出かけた「私」はひとりの少女と出会い、「青い桃実を思わせる」若い裸体の美しさに目を見張る。輝くばかりの肉体とは裏腹にあっけらかんとした少女が印象的。

日本の文豪たちの作品に艶やかな挿絵がつくとストーリーが匂い立つ。本書は安野モヨコ選・画のシリーズ第一弾。続刊も楽しみですね!

桜桃忌に。
Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング