腸を制すものは美容を制す!美腸をつくる絶品「ぶっかけTKG(卵かけごはん)」

 

スクリーンショット 2017-01-20 12.03.13

おはようございます!料理研究家の河瀬璃菜です。

一段と寒くなるこの季節、みなさま体調を崩されたりしていませんか??実は私はインフルエンザで倒れていたのですが、その際にお医者さんにインフルエンザの予防には「腸内環境を整えること」というように言われたのです。

腸は人体の免疫細胞が集まっており、腸内を綺麗に保つことが、インフルエンザや風邪の予防、さらに便秘に伴う肌荒れの改善や、善玉菌を増やして腸の働きを活発にすることで、基礎代謝が上がり、痩せ体質になるとも言われているのだとか。

ダイエットや美肌、インフルエンザや風邪予防にも効果が期待できるなんて・・・腸内環境の大切さを身にしみて実感した今日この頃だったわけです。

そこで今回は、腸内環境を整える最強の朝ごはんを紹介させていただきます!

腸を制すものは美容、健康を制す!腸内環境を整える「ぶっかけTKG(卵かけごはん)」

IMG_1726

材料(1人分)

IMG_1712

  • 玄米ごはん・・・120g
  • 納豆・・・1パック
  • ほうれん草・・・20g
  • 山芋・・・・5cm分
  • キムチ・・・20g
  • めかぶ・・・1パック
  • 卵・・・1個
  • めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1
  • ごま油・・・適量

作り方

IMG_1713

1) ほうれん草、山芋、キムチ、めかぶを細かく刻む。耐熱ボウルにほうれん草を入れてふんわりとラップし、600Wのレンジで50秒加熱する。

IMG_1718

2) 納豆、ほうれん草、山芋、キムチ、めかぶ、めんつゆを混ぜ合わせる。

スクリーンショット 2017-01-20 12.07.46

3) 丼に玄米ごはんを盛り、(2)をのせ真ん中に卵を落とし、ごま油をまわしかける。出来上がり!

善玉菌を増やす食材の代表的なものといえば、発酵食品であるや納豆やキムチが挙げられます。

そこに善玉菌のエサとなる食物繊維が含まれためかぶや山芋を摂ることで、さらに腸内環境を整えるサポートをしてくれます。

食物繊維には水溶性、不溶性のものがあり、1:2くらいの割合になるのが理想的なのだとか。また、ほうれん草にはビタミンCが豊富に含まれており、こちらもも善玉菌のエサになると言われているので積極的に摂取したいですね!

また玄米にも食物繊維が豊富に含まれていますが、便を硬くしてしまうことがある不溶性の食物繊維が多いので、食べる際はよく噛んで、水分を摂りながら食べることをオススメします

しっかりとお腹一杯になりながら、美肌効果や、インフルエンザ、風邪予防、さらには痩せ体質を作るサポートをしてくれる腸内環境を整えぶっかけTKG!

ぜひ試してみてくださいね!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

しっかり食べてしっかり痩せる!河瀬璃菜の朝ごはんダイエットレシピ [連載終了・全12回]

人気フードコーディネーターに教わる、しっかり食べても安心のダイエット朝ごはんレシピ [連載終了・全12回]
Written by

河瀬 璃菜

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。フードクリエイティブファクトリー所属
料理好きな母のもとで育ち、食に携わる仕事に就きたいという思いを自然と持つようになりました。両親が共働きで常に忙しくしていましたが、食卓を囲み食事を一緒に食べることで、自然と会話が生まれ、どんなに忙しくてもコミュニケーションを大切にすることができました。そんな経験から、食卓でのコミュニケーションは大変重要で気づきの多いものだと私は思っています。「食を通して大切な人との暮らしをもっと楽しく」という意図に基づき、レシピ開発や料理教室講師、イベント企画運営、メディア出演、コラム執筆、執筆プロデュースなど、食に関わる様々な活動をさせていただいています。
2014年7月よりフードクリエイティブファクトリーの執筆プロデューサーに就任し、月間40本の記事をプロデュースしています。著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」
Blogはこちら
Twitterはこちら

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング