いつもの朝にちょい足し!カラダを動かす習慣アイデア5つ

 

運動不足になりがちな季節。でも、食べる量は変わらない…というより、冬の味覚がおいしくてむしろ増えてる…という方もいるのではないでしょうか。

連載「朝のビューティー習慣123♪」も人気のキレイナビ代表・ダイエットインストラクターの飯塚美香さんによると、「朝は昼間や夜間よりも10%程度も多くエネルギーを消費できる」時間なんだそう。ならば、朝に運動習慣をプラスして、ダイエットに役立てたいですよね。

でも、朝は忙しくてなかなか運動時間がとれないもの。今回は、いつもの生活にちょい足ししたり、ちょっと意識を変えるだけで運動できる「ちょい足し運動」アイデアを紹介します。

【1】ものをとるときには「膝を曲げて」

GN191_72A

床にあるものをとるときや、何かを落としてしまったとき、そのまま前屈してとっていませんか?

今日から、スクワットと同じように「膝を曲げて」しゃがんでものをとるようにしてみてください。意識してみると、ちゃんと太ももの筋肉を使っていることがわかるはず。

【2】ご飯を食べるときこそ「きれいな姿勢」で

GW083_72A

毎日食べる朝ごはん。つい気を抜くと猫背になりがちという方も、朝ごはんを食べる時間だけなら、忘れずに意識し続けられるのではないでしょうか。

足を組まず、上半身は力を抜いて、上から糸でつるされて持ち上げられているような気持ちでまっすぐにするのが良い姿勢なのだとか。腹筋、背筋に、足をそろえるのに慣れていなければ太もももプルプルしてきます。

きれいな姿勢での食事は、消化にもよくいいことだらけ。ついでに気分までしゃきっとしますよ♪

【3】歩くときは「正しい歩き方」で「早歩き」

HC178_L

通勤中、車や電車を使っていても、必ず歩く時間が少しは存在するはず。そんな時は、「正しい歩き方」で「早歩き」にしてみてください。

10分弱でも体が温まり、息が切れてくるくらい、しっかりした運動なんですよ。

体幹も鍛えられる!正しい歩き方はこちら▼

「30分で身につく「正しい歩き方」で、体幹を整えて姿勢美人!」>>

早歩きウォーキングは、朝美人アンバサダーさんのよんちゃんさんも続けていて、効果アリなんだそう!▼

「これで痩せた♪わたしが1年毎日続けている朝の習慣」>>

【4】布団の中でごろごろ中に「朝ストレッチ」

con_0115

寒い朝、布団の中でのごろごろやスマホはよくないとはわかっていても、はなかなかやめられないですよね。そんなときは、そこに運動もちょい足ししてはいかがですか。代謝があがり、体もあたたまります。

ストレッチやヨガならば、運動が苦手な方でも簡単にとり入れられますよ♪さらに時間があれば、簡単な太ももトレーニングや、少しだけ上体を起こしてキープする腹筋運動もおすすめ。同時に腹式呼吸も心がけると◎です。

内臓の活性化・生理痛にもおすすめの、布団の中で出来るストレッチはこちら▼

「カラダ目覚める!30秒の寝ながら「朝ストレッチ」でダイエットにも◎」>>

布団の中でもできるヨガまとめはこちら▼

「寒い朝はベッドの中で「寝たままヨガ」からはじめよう!」>>

美脚のための、簡単太ももトレーニングはこちら▼

「家にある○○で簡単にできる!太ももに憧れの隙間をつくる方法」>>

【5】階段を登るときは「つま先立ち」

FV1

駅や会社など、階段を登るときには、かかとをつけず、つま先だけで慣れてきたらスピードアップしていくとさらに効果的です。

ふくらはぎを使っているのが感じられるはずです♪

…いかがでしたか?

運動がニガテだったり、朝ランやエクササイズなどの時間がなかなか取れない…という方でも、毎朝の過ごし方でちょこっと意識を変えるだけでも、普段よりカラダを動かすことはできるはず。

特に、正しい歩き方や姿勢は、朝に限らず1日をとおして習慣づけられると◎ですよね。明日の朝からさっそく!意識を「ちょい変え」してみてください☆

【こちらもオススメ☆】痩せ体質を目指す「朝の代謝アップ法」3つ

1e17c4cdde439523e2b8426188bcd0b1_s-600x400

クリスマスに忘年会、お正月など、この時期は、食べる機会が多くて太りやすいですよね。しかし、本当は、冬は夏よりも体を温めようとして代謝が上がり、痩せやすい季節なのです。さらに代謝をアップして、痩せやすい体を作る方法をご紹介します。

年末年始に太らない!痩せ体質を目指す「朝の代謝アップ法」3つ記事はこちら >>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング