作り置きでらくらく丼弁当に!「パプリカとツナのオイスターソース炒め」

みなさま、おはようございます!

忙しい女子のみなさまのためのお弁当の連載!第82回目は「パプリカとツナのオイスターソースのお弁当」をご紹介します。

最近、ますますパプリカに注目が集まっているそうで!

栄養豊富な上、パプリカに含まれるビタミンCは、加熱してもこわれにくいとか。

これからの、寒く、忙しくなるシーズン。体調を崩さないよう、しっかり食べて、免疫力を高めておきたいですよね。

今回は、うまみたっぷりのツナ缶と合わせてオイスターソース味にしてみました。

パプリカの甘味で、砂糖やみりんを入れなくても、甘味のある美味しい炒めものです。

ツナ缶に含まれる油は、冷えても固まらず冬にも嬉しい油です。栄養も満点!是非、捨てずに炒め油として使ってください。

調理も簡単で、作り置きにもとても便利!パプリカとツナの組み合わせ。よかったらお試しくださいね。

(※追加修正※作り方4に「オイスターソースと醤油を入れて炒め」を追記修正いたしました。(12/12 追記))

丼弁当に!「パプリカとツナのオイスターソース炒め」

パプリカとツナのオイスターソース丼

材料(作りやすい分量)

・ツナ缶 小1缶(70g)
・パプリカ 1個(150g)
・ピーマン 3個(100g)
・酒 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・いりごま(黒) 大さじ2

作り方

1) パプリカとピーマンは、種をとりのぞき、小さな一口大に切る。

2) フライパンにツナ缶(油ごと)と、(1)を入れて、強めの中火で熱する。

レシピ1

3) 軽く炒めたら、酒を回し入れてフライパンの蓋をして、中火で2分程度、しんなりとするまで蒸し焼きにする。

レシピ2

4) フライパンの蓋をあけて、オイスターソースと醤油を入れて炒め、水分をしっかり飛ばし、黒ごまをふる。

レシピ3

※容器に入れて粗熱がとれたら、冷蔵庫へ。冷蔵保存は3日程度が目安です

*****

冬のおきまりの!私の時短弁当は、丼弁当・前日残りの熱々のスープ・みかん。

2534ab39662b8fcf96d9e0b14062d085

ということで、写真は、パプリカとツナのオイスターソース丼、前日残りのわかめと野菜の鶏スープ、みかん。

パプリカとツナを作り置きしておくと、朝はごはんの上にのせて、前日の残りのスープを温めるだけ。3分(もかからない!)弁当です。

このくらい楽なのが冬は嬉しい!

これから冬本番ですね。みなさま、風邪等ひかれないようお元気で今週もお過ごしください。


↓毎日のごはんやテーブルコーディネート等を記録しています。よかったら遊びにお越しください。

かめ代のおうちでごはん。 http://kameyogohan.blog.jp/

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン

手間はかからずに、手軽に栄養のとれるおいしいお弁当の作り方&レシピ
Written by

かめ代(亀山泰子)

料理研究家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。現在は、WEBや雑誌の連載、企業へのレシピ提供等多方面で活動中。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」(イカロス出版)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)他。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング