「かご」で魅せる!ナチュラルスタイルの収納実例3つ

 

おはようございます!気持ち良い朝時間を迎えられそうなお部屋やインテリアをご紹介している「モーニング・ルームスナップ!」。

今日は「カゴづかい収納実例」をテーマに実例を紹介します。

収納としてのカゴはもちろん活用のしがいがありますが、インテリアのスタイルを作る上でも、キーとなり得るアイテムです。特に、自然素材を使ったナチュラルなスタイルでは重宝されますよね。今日はそんなカゴの素敵な使い方を見ていきましょう!

四角いカゴですっとした印象に

3b0d2f682a24a99cbda1388111e0b366ed4b0098

画像公式提供:RoomClip

まずはMさんの寝室事例からスタート。棚はベルメゾンで購入し、カゴは無印良品でお求めのものを利用しているそう。スクエアでしっかりとした形のかごが、棚にぴったりとシンデレラフィットしています。

ラフなトーンになりやすいカゴですが、このように形がすっとしているものを繰り返して並べることでナチュラルすぎない、クールな印象にもなります。

ちなみにカゴの上部がオープンのため、Mさんはレースで隠すことでアクセントにもなっていますね。素敵です。

サイズ違いのカゴをかさねて

74e34dab08646b42feef9c0cf4307e1ac6cfc0fd

画像公式提供:RoomClip

つづいてGさんのリビングをのぞいて見ましょう。アンティークのミシン台の横には、ふた付きのカゴが三つ重ねて置いてあります。
インテリア的にはとても重要なアクセントになっていますね。

Gさんが中に何を入れているかは残念ながらわからないのですが、普段あまり使わないもの、例えば衣替えして入りきらない洋服等でもいいかもしれません。これなら部屋の中に食い込んできてしまっても嫌な感じがしないかもしれません。

 

棚の上部もカゴでディスプレイ

cdcc9ea644d5dc4403379d08f5696cada58187bc

画像公式提供:RoomClip

最後は「カゴ屋がしたくなるくらいカゴ好き」とおっしゃるMさんのキッチン。いくつかサイズや形状が違うカゴがキッチンの上にディスプレイされています。

好きなアイテムとしてのカゴがかわいく見えるだけでなく、あまり使わないものを入れることで空間を有効活用でき、まさに一石二鳥です♪

*

カゴづかいで魅せる収納」、いかがでしたか?

今回ご紹介した事例は、いずれも複数づかいがポイントでしたね。同じモノ、サイズ違い、全部バラバラ、いずれも複数つかうことでインテリアアイテムとしての主張も強くできることがわかりました。

使い勝手としても、ざっくり入れていいという安心感から頼りになる印象。ただ、その分、中身がぐちゃぐちゃになり隠しているような状態にもなりがちなため、時々断捨離してあげることも必要ですよ。

さ、次はどのお部屋をご紹介しようかな。

というわけで次回をお楽しみに!

今日ご紹介したお部屋

1つ目のお部屋

Mさんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/440666

2つ目のお部屋

Mさんのお部屋
http://roomclip.jp/myroom/150122

3つ目のお部屋

Gさんのお部屋
http://roomclip.jp/myroom/81292

この連載の一覧を見る >>
https://asajikan.jp/author/68/

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

モーニング・ルームスナップ!

気持ちよい朝時間を迎えられそうなお部屋とインテリア
Written by

徳島久輝

コンテンツプランナー。
5年間の海外生活でインテリアの楽しさを知り、生業とすることを決意。帰国後、ライフスタイルショップ立ち上げ、大手総合情報サイトでの編集やインテリア関連メディアの編集長を経て、現在フリーで編集を手掛ける。4年前には中古マンションを購入しリノベーション。趣味はタルト作りと部屋の写真を眺めて夢想すること。Instagramはこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング