みんなの憧れ!「シンプルインテリア」をつくる3つのコツ

おはようございます!気持ち良い朝時間を迎えられそうなお部屋やインテリアをご紹介している「モーニング・ルームスナップ!」

今回は「シンプルインテリアをつくるコツ」をテーマに実例をご紹介します。

シンプルインテリアを明確に定義するのは簡単ではありませんが、ざっくり言うと「無駄がなくスッキリとしている空間」を連想しますよね。物が少なければ「シンプル」に見えると思いますが、具体的にはどうしたらいいのでしょうか?3つのコツをみていきましょう。

【コツ1】 ナチュラルな色味でまとめる

77c5a01c2f205005ce5ddfc6cb3bfe1fb0d458a9

画像提供:RoomClip

まずはsea_green_skyさんのキッチン・ダイニングから。凜としたスッキリさが素敵です。

こちらの事例で参考にしたいのは使われている色味。白、ナチュラルな木の色、スチールの銀色、植物の緑など、絞られていますね。

色を絞る際に白黒、つまりモノトーンまでいきついたり、赤や黄色といったビビッドな挿し色を多用したりすると、シンプルの中でもどちらかという「シンプルモダン」な方向になります。一方、こちらの例のようにアースカラーが中心になってくると「シンプルナチュラル」の気分になります。

いずれにしても色数を絞る=シンプルに感じる秘訣ですね。

【コツ2】 シンプルなデザインの家具や雑貨を選ぶ

07ac6d8bc4f2a811de0cf38b633

画像提供:RoomClip

続いてはa_tankoさんのダイニングを拝見。清潔感に溢れた様子がとても気持ちよさそうですね。

こちらの事例で特徴的なのは空間がシンプルな家具や雑貨で構成されていること。お部屋の中をみまわしても、装飾的な飾りがたくさんついたアイテムはありません。その一方で、木とやわらかい曲線でつくられたダイニングテーブルやガラスのカットが美しい照明など、素材感をそのまま活かしたものが多く見受けられます。

「シンプル」はどちらかというと引き算をすることで成り立つものなので、アイテムを選ぶ際に「見た目が不必要に凝りすぎていないか」を気にしてみてください。

【コツ3】 収納は極力「隠す収納」にする

81c241282bd57c50067dcf8985b

画像提供:RoomClip

最後はyoshi-piさんのお部屋です。収納ボックスがたくさんある、つまり物がたくさんあるお部屋なのですが、白い収納ボックスに片付けられているので見た目すっきりですね。

シンプルとは引き算すること、とさきほど言いましたが、物を部屋に入れない、もしくは捨てると同じくらい「隠す」はシンプルインテリアにおいて有効な手段。どうしても物が減らないというときは、隠す収納を中心にしてみてください。ただ、くれぐれもボックスの中はごちゃごちゃにしないようにしましょう!

*

「シンプルインテリアをつくるコツ」いかがでしたか?

シンプルインテリアは見た目に反して、時に苦労が伴うスタイルです。一足飛びに行くことは難しいかもしれないけれど、今日ご紹介したコツに共通してるのは「引く」ということ。少しずつでも引いて行ければ、確実にシンプルに近づくことができると思います。頑張ってみてください!

さ、次はどのお部屋をご紹介しようかな。というわけで次回をお楽しみに!

今日ご紹介したお部屋

1つ目のお部屋

sea_green_skyさんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/409235

2つ目のお部屋

a_tankoさんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/826486

3つ目のお部屋

yoshi-piさんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/639697

この連載の一覧を見る >>
https://asajikan.jp/author/68/

☆この連載は<毎週木曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

モーニング・ルームスナップ!

気持ちよい朝時間を迎えられそうなお部屋とインテリア
Written by

徳島久輝

コンテンツプランナー。
5年間の海外生活でインテリアの楽しさを知り、生業とすることを決意。帰国後、ライフスタイルショップ立ち上げ、大手総合情報サイトでの編集やインテリア関連メディアの編集長を経て、現在フリーで編集を手掛ける。4年前には中古マンションを購入しリノベーション。趣味はタルト作りと部屋の写真を眺めて夢想すること。Instagramはこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング