BLOG

銀座のトルコ料理とトルコロケの思い出♪

 

昨晩、銀座にある「konya」というトルコ料理のお店に行ってきました。

地下2階の隠れ家的なお店で、まるで現地のお店に来たような雰囲気でした。

restaurant

前菜は、ナスのサラダ、ヨーグルトとハーブのお料理、ピーマンにごはんを詰めたものなど、ヘルシーでとても美味しかったです♪

entree

こちらがメイン。キヨフテ以外はおまかせで頼んでみました。

kebab

こんなお料理をいただいていたら、昔、テレビのロケでトルコに行ったことを思い出しました。

トルコはわたしにとって、今までで一番印象に残っている国の一つです。

オスマントルコやローマ帝国の遺跡があり、ローマ帝国の遺跡では、道がピンクやブルーの色とりどりのタイルで覆われていたのを覚えています。

当時はさぞ美しい街だったのでしょうね。

マルクス‐アウトニウスとクレオパトラが逢瀬を重ねたのもトルコでした。

また、この国には聖書の世界もあり、昔、聖母マリアの家があったところには聖水が湧き出ていたので、なんだかありがたくて、お腹が重くなるまで飲んでしまいました。

また、アリの巣のような巨大地下都市を散策したり、世界遺産都市のカッパドキアでは気球に乗ったり、この国ではずっと冒険気分でワクワクしっぱなしでした!

でも、暑さとハードスケジュールで疲れてしまったのか、わたしとカメラマンが高熱を出し、撮影は1日お休みに。

ホテルの廊下を歩いていたら、クリニックらしきものがあり、入ってみるとそこにはお医者さんも常駐している様子だったので、体調を崩す観光客が多いのでしょうか。

スケジュールの関係上、次の日はもう絶対に休めなかったので、英語が通じないお医者さんに身振り手振りで症状を伝え、わたしとカメラマンのために薬をゲットしたのを覚えています。

そういえば、わたしとカメラマンが治った後もスタッフが次々と体調を崩し、撮影が終わるまで、常に誰か病気という状態が続いていました。

次回は体調を崩さないように、余裕のあるスケジュールで、またゆっくりトルコを訪れたいですね~

そうそう、そういえばトルコでは遺跡の上に巣を作っているコウノトリを見かけて、帰国後すぐに赤ちゃんができました。

マリアさまの聖水のおかげかもしれませんね。

今では、娘も17歳。時間が経つのは本当にあっという間です!

 

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

モデル 田村翔子の朝美人のススメ [更新終了]

公式ブログ
モデル 田村翔子さんの自然体な日常 [更新終了]
Written by

田村翔子

(女優・モデル)

7歳から15歳までベルギー、シンガポールで過ごす。
青山学院大学文学部在学中にモデルとしてスカウトされ’85年大手薬品メーカーの広告に起用される。国際感覚溢れるモデルとして脚光を浴びファッション誌のカバーやTV,CM等で活躍。’87年に女優デビュー。ドラマ、映画、舞台等に出演。近年はエッセイの執筆やマクロビオテックなどを取り入れたライフスタイルの取材を多く受ける。プントリネア所属

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング