朝時間の変化が夢への一歩に|Risaさんの朝美人インタビュー

 

自分らしく心地よく朝時間を楽しんでいる方にお話をきく朝美人インタビュー。
今回は朝の過ごし方を通して人生のヒントを得ているRisaさんに、お気に入りの朝活スポットや継続してつづけられる秘訣を教えていただきました。

File126 Risa(ヨガフロントスタッフ、陰ヨガインストラクター)

Processed with MOLDIV

プロフィール

獨協大学国際教養学部卒業。中国・北京にルーツを持ち、幼い頃から海外へ視野を向ける。16歳から続けてきたダンスの故障をきっかけに陰ヨガと出会い、人生の根幹を持つ大切さを強く実感する。趣味は一人旅(その土地に暮すような旅)。ダンス、歌を歌うこと。座右の銘は、「勝つことよりも、負けないこと」(More important than winning is not to be defeated)。


ヨガをされたりアクティブ朝美人な小野さん。朝時間を意識して生活するようになったきっかけを教えてください。

もともと幼い頃から早起きが大の苦手で、両親にも「寝坊助りさ」とあきられるほどでした。自慢ではないですが、布団をひっくりかえしても寝てるくらいだったそうです(笑)。

でもヨガスタジオで働くようになり、早朝からの勤務がメインになってからは生活スタイルがガラッと変わりました。何より一番のきっかけは、早朝レッスンを終えた後のお客様の生き生きした表情!「え!?何であんなに清々しい表情なの?」ってすごく感動しちゃって。そこから私も朝型に少しずつシフトしていくようになりました。

Processed with MOLDIV


朝時間を大切に過ごすようになってよかったこと、(変わったことなど)を教えてください。

やっぱり一日の過ごし方が全く違うことですね。

朝に勝つことで一日のリズムはもちろん、気持ちの面も本当に変わりました。特に「何かにチャレンジしてみよう」って思った時、朝に考えたり、友達とシェアすることで、やってみようという意欲が倍以上になるんです。自分でヨガレッスンを開講しようか迷っていた時も、朝活の友人の後押しがあったから実現できました。今でも本当に感謝していますし、朝のちょっとした時間が自分自身の未来を一歩ずつ切り開いてくれたと思っています。

image1


具体的に小野さんの普段の朝の過ごし方を教えてください。

普段は、朝のストレッチで身体を目覚めさせ、必ずうがいをしてから白湯を飲むようにしています。通勤時に英語のラジオを聴くのも日課!脳がクリアな朝は集中できるので有効活用してます。あとは、友達と会う時間を朝にチェンジしてます!最初は周りからも「えーーー朝なの!?」なんて声が大多数でしたが(笑)。

いざ朝に変えると「朝活めっちゃいいね!」って反響が多いです。今では朝活仲間がごっそり増え、週1ペースでいろんな友達と朝時間を楽しんでいます。たった1時間くらいだけど、お互い前向きに元気よく一日をスタートできるのがすごく幸せなんです♪

image2(2)(写真:ヨガレッスン中のRisaさん)


小野さんの朝に使う、お気に入りのアイテムを教えてください。

ここ2年くらい、ずっと紀文の無調整豆乳を飲んでいます。ホットにして、好みできなこやチアシード、プルーンやバナナを入れたりします。最近では無糖のココアなどを入れて体を温めるようにしてます。豆乳を飲むようになって朝からお通じがとってもいいんです。お通じは一番のデトックスだから、腸美人を目指す方にはもってこいですよ。

Processed with MOLDIV


小野さんのお気に入りの朝活スポットを教えてください。

早朝の透き通った空気感が好きですね。「新しい一日がはじまるんだなー」って、すごく感動します。何か特別なことではないのですが、日常の当たり前が気持ちよく新鮮に感じれる朝ってやっぱり素敵だと思います。

最近行って気持ちよかったのは、早朝の空港。ラウンジもお店も全てが開放的で静寂で。なんといっても朝焼けが見えたのは感動ものでした。「あえて何もしないでボーっと空を眺める」、そうやって自分を見つめ直す時間を持つことで、人生のヒントや気づきを得られるのも朝の醍醐味だと思います。

image3(2)


今年は新しい土地での新しい挑戦もはじまるそうですが、朝時間をどんな風に過ごしていきたいですか。

陰ヨガを学び始めて思ったことですが、朝を清々しく迎えるために、実は「夜の過ごし方」がとても大切だということに気付きました。じっくり体を緩め、リラックス効果の高い陰ヨガ。一日の終わりにそうした時間を持つことで睡眠の質も朝の目覚め方も変化するんです。今では楽しみな日課になってます。

今年から海外で新出発を控えていますが、日頃の習慣を大事に、健康で前向きに過ごせるよう自分なりの朝時間・夜時間を大事にしたいと思っています。

image3

(写真:北海道洞爺湖の朝焼け)

朝美人のある一日の過ごし方

Risaさん(ヨガフロントスタッフ、陰ヨガインストラクター)

5:00
起床、ストレッチ、朝ドリンク、身支度、英語のラジオを聴く
6:30
出勤(オープンの準備)
7:00
お客様出迎え
7:30
レッスンスタート、メールチェック、スタジオ業務、清掃
11:00
ランチ
16:00
帰宅
18:00
夕食(お弁当づくりも合わせて)
19:00
打ち合わせ
20:00
レッスン(ダンス、ヨガ)
22:00
帰宅、家族と団らん
23:00
お風呂、くつろぎタイム、陰ヨガで就寝モードへ
24:00
就寝

早起きして輝く人たちをリアルに感じてRisaさんの中で朝が「前向きな一日のスタート地点」に変わっていかれたんですね。考え方が変わったRisaさんがレッスンを開いたり、友達を巻き込んで朝活をしたり、前向きでハッピーなエネルギーを発信する側に変わっているのが素敵です。あえて朝のお誘いをしてみて朝活仲間が増えるとますます朝時間の楽しみがひろがりそうです!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング