三日坊主の早起きから脱出!その秘訣は?|谷山友子さんの朝美人インタビュー

 

自分らしく心地よく朝時間を楽しんでいる方にお話をきく朝美人インタビュー。

今回は、IT企業の人事として働く谷山友子さんに、早起きを習慣にする方法やお気に入りの朝活スポットを教えていただきました。

File125 谷山 友子さん(会社員)

SONY DSC

プロフィール

1985年生まれ。大学卒業後はフードサービス、資格関連事業の会社に勤め、現在はIT企業の人事として採用活動、教育等を行う。プライベートでは食べることが大好きで、早朝から一人でモーニングを満喫するのが最近のお気に入り。最近始めたインスタグラムではほとんどグルメ写真をアップ中。◆instagram( @tomoko.mogumogu )


谷山さんの普段の朝時間の過ごし方を教えてください。

朝は5時半に起きるのが日課。早起きすると人も少なくて行動しやすく、思った以上に周りからすごいと言われるので(笑)、良いことが多いなと思い続いています。

食べないとパワーが出ないので、起きたらまずは朝食がマスト!基本的に自炊ですが、1週間に1回は「自分へのごほうび」として、カフェでモーニングを食べながらゆったりと過ごします。

朝時間に毎日必ず行うことは、朝活手帳に書き込むこと。この手帳は、何時に起きたか、睡眠時間はどのくらいかなどライフログや、朝4時から9時までのスケジュールを書き込めたりと、モチベーションアップに欠かせません。書くことが好きなので朝時間に活用することで頭の中も整理されます。

1_朝活手帳

朝活手帳の著者 池田千恵さんの公式ブログはこちら


朝時間を意識して生活するようになったキッカケを教えてください。

実家を出て自立するようになったのがきっかけで、自分の生活を見直すことになりました。

今まで夜は全部自分のための時間でしたが、環境変化により一変!家事などやることに追われて1日が終わってしまうことに、とてつもないストレスを感じるように。

ゆったりくつろいだり、好きな本も読めない余裕のない生活が続いたため、「だったら夜じゃなくて朝早起きして自分のための時間を作ろう!」と思い立ち、早起きするようになりました。

実は、今まで早起きしようと思いつつも三日坊主になることが多かったのですが、早起きは「手段」と思い、「目的(目標)」をしっかりと持つことで挫折することがなくなりました

2_朝活グッズ


谷山さんの朝のお気に入りのアイテムを教えてください。

毎週1回は「ひとり時間@カフェ」と題して、出勤前にモーニングを食べに出かけます。

最近のお気に入りは上島珈琲のモーニング。チェーン店と侮ることなかれの、おいしい珈琲においしいパン。オープン直後に列が出来るほどの人気店です。

通常のモーニングはもちろん、限定店舗のみ販売されているフレンチトーストがお気に入り。オーブンでじっくり焼き上げるフレンチトーストはペロリと全部食べてしまうおいしさ。ハーフサイズもあるのが嬉しい!

黒糖ミルクコーヒーはほっとする甘さ、飲みやすさでコーヒーがあまり得意でない方にもおすすめです。朝からこれを飲むと気分が落ち着いて癒されます。

3_上島珈琲メニュー


朝時間を大切に過ごすようになってよかったこと(変わったこと)を教えてください。

時間が上手く使えるようになったことと、自分を見つめなおす時間を持てたことが大きな変化だと思います。今までの私は「あれもやらなきゃ」、「これもやりたい」、「でも時間がない!」と気が急いていることが多かったのですが朝時間を作ろうと思うことで、時間を逆算して考えたり、無理なスケジュールを立てることがなくなりました。

また、振り返りの時間を持てずに突っ走ることが多かったのですが、朝時間で、手帳、ノートを書くことで一呼吸置いて考えたり嫌だと思ったことを朝もう一度考えるとそこまで悲観的にならなかったり、と自分にとってはプラスの効果でした。

その他としては、おいしいモーニングがリーズナブルに食べられること、朝はお店が比較的空いているので、その点も良かったことです(笑)。

4_カフェ写真


谷山さんのお気に入りの朝活スポットを教えてください。

ずばり羽田空港です。学生時代、羽田空港で飛行機の清掃やお土産屋さんで販売、レストランでウエイトレスなど様々なアルバイトを経験していたくらい大好きな場所。

人が旅立つ場所、降り立つ場所ということもあって前向きなエネルギーが集結しているような気がしていて、私にとってパワースポットのような場所です。

場所柄、朝早くオープンしているお店が多いのも嬉しいところ。おすすめは、世界的ブランドメルセデス・ベンツブランドとして世界で初めて展開したカフェ「エッグセレント・バイツ」(オーガニック卵を使用したエッグバーガーやパンケーキが絶品)、滑走路を目の前で見ながら食事ができる「エアポートグリル&バール」。どちらも朝7時からオープンしています。

5_空港写真

 

6_モーニング写真

朝美人のある一日の過ごし方

谷山友子さん(会社員・人事担当)

5:30
起床・洗顔
5:40
朝食の準備・お弁当作り
6:00
朝食・メールチェック
6:20
出勤準備
6:30
移動(電車の中では読書時間)
7:20
会社到着
7:30
業務開始(1日のシュミレーション・書類整理・メールチェック)
12:00
昼休み(お弁当を食べたあとは読書・散歩・仮眠など)
19:00
帰宅・夕食作り
19:30
夕食・片付け
20:00
のんびりタイム(DVD・勉強・セルフケアなど)
21:30
家事
22:00
お風呂
23:00
書き物タイム(手帳・日記)・読書
24:00
就寝

早起きはあくまで「手段」で、その先にある「目的(目標)」を明確にすることで早起きを習慣化できた谷山さん。せっかく早起きした日でも、時間を持て余してしまうと早起きする意味を見失ってしまいますし、結局続かなくなるんですよね。
なんとなく朝活したい、早起きしたい、と思ってスタートするのではなく、自分自身と向き合って、どうなりたいのか?解決したいことはなにか?と問いかけることからはじめてみるといいかもしれません♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング