闘うママのリアルな朝ごはん&朝のテクニック|中田ぷうさん(フードライター・編集者)の朝美人インタビュー

 自分らしく心地よく朝時間を楽しんでいる方にお話をきく朝美人インタビュー。

今回は、二児の母として大忙し!フードライターの中田ぷうさんに、お子さんたちと過ごす朝の習慣や、朝ごはんのことをお聞きしました。

File 132   中田ぷうん( フードライター・編集者)

profile

プロフィール

5歳・13歳の女子と2匹の猫の世話に追われつつ、日々、仕事にまい進。趣味は見た目かわいい食べ物の収集と温泉ハンティング。著書に、日々のおさんどんにのたうち回る様子を描いた食卓日記「闘う!母ごはん」(光文社)がある。幼なじみの料理家・尾田衣子氏とフェイスブックにてローカルメディア「西荻新聞」を立ち上げる。
★instagram :@pu_nakata

 

中田さんの普段の朝の過ごし方を教えてください。

朝英語

平日は、上の娘と一緒に5時に起床。起きてすぐに、ラジオアプリでイギリスのミュージックラジオ「Heart London」をつけ、それを聞きながら、各自1時間ほど、勉強や仕事をこなします

6時になったらNHKラジオ第2放送に切り替え、「基礎英語」を聴講。いつかアメリカの俳優アダム・ドライバーの映画を字幕なしで見たくて、42歳から英語を学び直し始めました。明らかに脳が劣化しているので覚えの悪さったらないですが(笑)。それでも約半年続けただけで、以前よりかなり会話の聞き取りができるようになりましたよ。

週末パン

休日は7時台に起床。休みの日だけは朝ごはん作りを免除させてもらい、近所のパン屋に散歩がてら家族でパンを買いに行きます。たったこれだけのことですが、開・放・感!

そして12カ月に1回は、6時起きで週末小旅行に出かけます。国内旅行は、日曜日の朝に思い立っても、ぱっと行けるのがいいんです。山梨に温泉ハンティングに行くことが多いです。 

朝時間を楽しむようになったキッカケと、変えてよかったことを教えてくだい。

30代後半から、夜、頑張って起きて仕事をしても効率が悪くて。しかも無理して午前2時くらいまで仕事してしまうと翌日丸一日眠くてグダグダ……。

ある日、子どもたちと21時に寝落ちして、3時に起きたらすっきり! 頭も回って、仕事の効率も良く、思考も前向きになっていたんですね。

あぁ、やっぱり夜更かしって体にも心にも良くないんだと身を持って感じ、以来、24時までには必ず就寝し、5時に起きています。

朝の欠かせない習慣を教えてください。

1分間深呼吸。

若い子と違って、朝起きていきなり脳が働かないので、こうして脳に酸素を送っています(笑)。

どこかの記事で読んだのですが、突然死のリスクを防ぐ運動としても紹介されていたので、唯一継続できる運動としてやっています。

それと、買い物に行ったときの重複買いを防ぐため、毎朝、冷蔵庫の野菜室の写メを撮っています。

冷蔵庫写メ

新刊「闘う! 母ごはん 春夏秋冬、子どもがいる日の家めし日記」を出版された中田さん。子どもの「おなか空いた~!」に対抗できる「黙らせ前菜」や、ママの負担を軽くする「免罪符スープ」なんておもしろい料理がたくさん載っていますよね。
朝ごはんはどんなものを用意されていますか?

おしゃれごはんにも憧れますが、アサイーボウルやスムージーなんて出したら「こんなんじゃ足りない! 学校で倒れたらどうするの!?」と子どもに暴動を起こされます(笑)。

家族全員“米民族”なので、ごはんと味噌汁、納豆に梅干しが基本の朝食。余力があれば、“黙らせ前菜”の「ししゃものアヒージョ」や「お揚げと豆腐のしょうゆ炒め」を作ります。

高級ねこまんま

(写真:高級ねこまんま)

甘酒とろとろ

(写真:甘酒とろとろ)

丼ものもよく作るメニュー。おかかごはんの上に黄身を崩して焼く“崩しハムエッグ”としば漬け、おじゃこをのせた「高級ねこまんま」や、同じくおかかごはんの上に、甘酒としょうゆを入れて焼いたとろとろ甘酒卵をのせたものは、週2回以上出しても文句をいいません。おいしいんですね、きっと(笑)。

9784334978778_P

書籍の詳細はこちら(Amazon)>>

 

中田さんの、朝の時短(効率化)テクニック、(もしくはアイテムなど)を教えてください。

20分家事

子どもがいる限り、「美しく片付いた生活」なんて無理です(笑)! でも、家が汚れると気持ちがイライラして落ち着かないので、家族を送り出したあと“朝の20分家事”をしています。片付けってキリがありませんから、時間で区切ることにしたんです。

「たった20分!?」と思うかもしれませんが、意外に猶予があって、食器を洗い、洗濯物を干し、家中に掃除機をかけるまでできるので、ひと通り片付くんですよ。

 

私だけの朝のお楽しみを教えてください。

家族を送り出すまでは自分の時間なんてなく、朝ごはんも食べられません。なので、月に1回くらいご褒美デーを作り、喫茶店で朝ごはんを食べています。

喫茶店ナポリタン

喫茶店のモーニングは、500800円で食べられ、しかも量もたっぷり! 食欲旺盛な“もぐもぐ部長”の私にはちょうどいいんです。厚焼きトーストにナポリタン、魔法のランプみたいな銀の器に入ったカレーを食べているときが、至福のときです♪


朝美人のある一日の過ごし方

▼中田ぷうさんの場合
5:00
起床、1分間深呼吸、昨夜のうちに来ていたメールの返信、仕事
6:00
洗濯機スイッチオン、ラジオ英会話聴講
6:40
朝ごはんの支度
7:00
夫、娘たち朝ごはん。冷蔵庫内の写メを撮り、夕食&翌朝の朝ごはんメモ作成
8:00
夫、娘たち出動。自分の朝食や身支度・20分家事
9:00
仕事開始
10:00
仕事を一時中断し、夕飯の買い物へ
10:30
仕事再開
12:00
ランチ
13:00
午後の仕事開始
16:00
上の子帰宅。おやつを食べさせる。夕飯のごはんの洗米・浸水だけはしておく。
18:00
炊飯器スイッチオン。下の子、お迎え。
18:30
戦闘開始! 「おなかすいた」攻撃に耐えるため、まず「黙らせ前菜」を出す。
19:00
子どもたち、夕飯開始。一緒に食べることもあるが、あまりの疲れにダイニングテーブルで仮眠を取ることも。
19:30
テレビタイム
20:00
子どもたちお風呂。合間に仕事。
21:30
子どもたち無理矢理就寝
22:00
夫帰宅。夕食。
23:00
お風呂
24:00
就寝

 

フードライターとして忙しく働く中田さん。新刊「闘う! 母ごはん 春夏秋冬、子どもがいる日の家めし日記」は、面倒な”せん切り”や”みじん切り”は一切ないという、前代未聞のごはん日記&レシピを紹介されています。「野菜室の写メ」や「20分間掃除」など、ちょっとしたテクニックと習慣が、24時間ではたりない日々を効率化させているんですね。闘いと同時に、自分の夢をかなえるために朝時間を活用して語学の勉強をしなおしている、というお話しが素敵です。(朝時間.jp編集部より)

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング