BLOG

『朝活手帳2016』発売!&早起きを続けるコツ

 

こんにちは!池田千恵です。

IMG_8364

6年連続でプロデュースしている、朝専用手帳『朝活手帳2016』が、9月19日に発売になりました!

好評のコラムを今までよりも増やしたり、前書きを書き下ろしたり、早起きポイントがたまる仕組みを加えたりと、朝が楽しくなる仕掛けをたくさん入れています。

Amazonのほか、全国の書店でも発売中なので、ぜひお手に取っていただけると幸いです。

詳しい朝活手帳情報については、池田千恵公式ブログにアップしました。

*************************

ところで、「早起きしたい!でもなかなかできない」という方は多いですよね。

早起きを続けるためにはコツがあります。それは「ToDoの見える化」「事前の仕込み」「できたらごほうび」の3つです。

kotsu

<ToDoの見える化>

早起きしたい、と思ってできない人は、早起きして何をしたいか、自分がどうなったら早起き成功か、を具体的に決めていない人が多いのです。

●何のために早起きするのか?
●早起きしてしたいことは何か?
●1週間のうちに何をクリアできたら早起き成功か?

を前もって決めておくだけでも違いますよ。

 

<事前の仕込み>

何となく「明日早起きしたいなー」と思って寝るだけだと、朝起きたときの眠気に負けてしまいます。手帳やノートなどに、何時に起きるかをきちんと手書きでメモに残しておきましょう。「書く」ということ、それだけでもほどよいプレッシャーとなって、起きることができるようになります。

また、朝起きて着る服も前日に決めておくと、起きてすぐに行動できるのでおすすめです。

 

<できたらごほうび>

例えば、今までより30分早く起きることができたら、手帳にシールを貼ったり、はなまるをつけたりして、自分のモチベーションを上げましょう。

目標時間に起きられたら、ちょっと高級なお気に入りのチョコレートをひとつぶ食べていい、など、自分のとってのごほうびを考えてみると、早起きが楽しくなります。

なお、「早起きに失敗したら罰金で貯金」という考えはNGです。「早起きできたら100円貯金」のほうが、達成するたびにお金が貯まるのでモチベーションも上がりますよ!

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

================
★池田千恵主宰 早朝グルメの会 今まで行ったお店レポートはこちら
http://ikedachie.com/blog/?cat=2
★池田千恵Twitterでは、日々「朝」に関する情報をつぶやき中です
https://twitter.com/ikedachie

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング