ロングセラーにはワケがある!プチプラなのに実力派のコスメ4選

 

年末の出費に加え、新年のお年玉、セール、そして新年会…年始は予算がいくらあっても足りない時期ですよね。人と会う機会も増えるので、ファッションだけでなくスキンケアやヘアケアにも気を配っておきたいもの。とはいえ、アレもコレもと全てにコストをかけることはなかなかできません。

そこで、今回はおばあちゃんの時代から愛され続ける、リーズナブルなのに実力のあるコスメに注目!プチプラなのに驚くほど効果的なロングセラー商品を厳選してご紹介します。

1. クラブ美身クリーム (クラブコスメティックス) 70g 720円

214036_xl[1]
1911年イギリス人技師を招いて開発したという美容・保湿クリーム。100年を超えるロングセラー商品です。2人の女性が並んだイラスト「双美人マーク」は、使ったことがなくてもどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか?

真珠のような光沢があり、べたつかずさらっとした使用感の弱酸性保湿クリーム。ローヤルゼリーエキス配合で乾燥したお肌にうるおいを与え、しっとり滑らかなお肌に導いてくれますよ!下地クリームとしても使えて◎。

2015年10月には通天閣限定パッケージも発売され、今なお根強い人気を誇る商品です。

2. 椿油(大島椿) 40ml 1100円

oil_main
1972年に誕生し、80年以上にわたって日本女性の髪を美しく守り続けた椿油。現在ヘアオイル売上市場No.1を誇る実力派です。椿の種から絞り出された一番搾りの椿油は、スプーン1杯に45粒もの種が使われています。

洗いたての髪に少しなじませるだけのオイルトリートメントで、ダメージヘアにツヤとうるおいを与えてくれます!オイルパックや頭皮ケアにも使えて◎。最新の技術によって椿の種子から「ツバキセラミド」も抽出され、さらに髪内部の補修効果がアップしています。

実は椿油はクレンジングやオイルパック、全身の保湿などスキンケアにも使えるので1本あると便利です♪

3.馬油(ソンバーユ) 30ml 1000円

new_mukouryoukin
美容の専門家たちも愛用者が多いという「馬油」。約4000年前の騎馬民族時代の中国で既に使われていたとされ、日本へは約400年前に伝わったとか。その名の通り、馬のたてがみや脂肪から作られた100%天然の油です。

昔は火傷や切り傷の薬として利用されていたようですが、現在ではスキンケアやヘアケア用品として使われています。

敏感肌でも使える低刺激性で、人の皮脂との脂肪酸の構成が近いことから、人肌への浸透力がとても高いのが特徴です。保湿効果がとにかく優れているので薄くのばすだけで肌になじみ、ベタつかずにしっかりと保湿してくれますよ!

4.ニベアクリーム青缶 (NIVEA) 大缶169g 500円前後

nva_cream_01_img_l
1911年に発売されたニベアクリーム。1925年のパッケージリニューアル以来ずっと青缶のまま変わっていません。おばあちゃんがニベアクリームをつけていた記憶はありませんか?

世界中で愛され続けるニベアクリームは、その万能すぎる使い方が話題になっていたこともあるので、お持ちの方も多いのではないでしょうか?

      保湿・下地・パックからヘアケアまで使えてしかも即効性のあるツヤ肌感には驚きの声が続出です!私も愛用していますが、某高級コスメブランドの保湿クリームとほぼ同じ成分で桁違いの安さというコスパの面からも手放せない商品なのです♪

 

    いかがでしたか?いつもフルコース料理ばかりでは、内臓も疲れてしまいますよね。粗食が健康に一番いいのと同じ、お肌もたまには化粧水+保湿1つだけのシンプルケアで肌本来の力を取り戻しましょう♪
    そのためにも、昔から愛され続けているこんなに優秀なプチプラ商品を見逃す手はありません!賢く活用して、キレイになりながらコスメ代も節約しちゃいましょう♪
 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

美肌食マイスターのビューティー習慣

食事、生活習慣が変わる!美肌食マイスターが教えるビューティー習慣
Written by

宮内美苗(編集部)

美肌食マイスター。
今日の食事が未来の美肌を作る!をモットーに、高い美容費をかけなくても女性がキレイでいられるサポーター的存在でありたいと願い日々活動中。ダイエットアドバイザー、ジュニア野菜ソムリエの資格を併せ持ち、カラダの内側からのスキンケア、食べてキレイになれる情報を発信しています。

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング