定番服をおしゃれに魅せるコツ ワンピース

 

毎日暑い日が続きますね。7月〜8月は時間がある時はすぐ海に行けるよう水着、レジャーシート、バスタオル、日焼け止めなどなど海Bagを用意しています。

さてさて・・・そんな暑い日々のデイリーやヴァカンスに彩りをプラスしてくれるのが夏のお洋服!

今回は、こちらでレッスンした定番服にワンポイント加えておしゃれに魅せるコツを伝授します。

 

_MG_7436

 

1定番服をおしゃれに魅せるコツ ワンピース 8月7日UP

2定番服をおしゃれに魅せるコツ シャツアイテム 8月14日UP

3定番服をおしゃれに魅せるコツ パンツ 8月21日UP

 

私の中での”定番ワンピース”の定義は「ざぶざぶと、洗濯機でお洗濯できて、ジャケットやニットどんなトップスにも相性が良い」もの。

ワンピースはいつも同じスタイリングになってしまうからトライするのが難しい!という声も聞きますが、逆に言うと着る時の背中のジッパーを開けて閉じての10秒でいつもと同じキチンとした装いが完成するから、これほど便利なものもありません。

同じように見えがちな定番アイテムを、ちょっと工夫を凝らして素敵な着こなしに変えるのも自分次第ですし、おしゃれの醍醐味!

足裏の角質って固くなったら削って新しい柔らかな足裏にしますよね。何年も大切に何年も着ているワンピースも同じ。フレッシュな装いでおしゃれの角質を柔らかく、着こなしもアップデートしていく方が美しく年を重ねていけるような気がします。

 

“定番小物と旬小物をバランス良く”がおしゃれのコツ!

1_000000000148

それでは実践例です!胸元のドレープがフェミニンなワンピース。何年も着ている定番です。

 

IMG_5478

1枚で着ると、とってもカジュアルですが、ロングのパールネックレスにゴールドとブラウンのカラーコンビバングルなど艶やかなアクセサリーを合わせれば・・・よそ行きの顔に。パールは何年も使っている定番中の定番。バングルに帽子は今年投入したフレッシュアイテム。麦わら帽子は1万円以下。プチプラ小物で夏の旬は取り入れます。

 

IMG_5481

胸元がVラインのシンプルなジャージワンピース。こういうのをひとつ持っていると本当に便利。ストンと落ちるシルエットに、黒ってところも体型カバーに加えて痩せて見えてポイントが高いです。シーズンレスで1年中着られて、スタイリングの幅がある1枚ですが、こちらも大人フェミニンに仕上げます。

まず、レースの白いクラッチバッグで今年らしい色を加えて。こちらは7000円のプチプラ。夏に着るLittle Black Dressには白い小さなバッグが似合います。

 

IMG_5482

そして、定番のシルクのストールで品を出します。涼しげに揺れるストールは、どんな装いも夏の顔に変えてくれて、通勤、オフィスのキンキンに効いてる冷房対策にもなるから1枚持っていると便利ですよ!

 

ずっと好きな定番のワンピースだからこそ、毎年、スタイリングをチェンジしながら永く着こなしていきたいですよね!良い週末をお過ごしください。

 

RUMIKO♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

RUMIKO♡のマンスリーファッションLesson[連載終了・全31回]

大人女子のための洋服選び&コーディネートのコツ[連載終了・全31回]
Written by

RUMIKO♡

女性系ファッションオンライン編集長を経て独立。ワンピース・ドレス専門家・LASKAディレクター。
著書「毎日がミラクルにかわる私たちのワンピーススタイル」。Allaboutファッション・ドレス・ガイド
表参道に隠れ家的なワンピースショップLASKA BOOKS&DRESSを2015年2月にオープン。
HP:http://maison.laska-inc.com

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング