BLOG

自然と遊ぶ①『ツリーハウスで夢を見る』

 

今日のカフェボンボンは、夏休み企画「自然と遊ぶ」をテーマに選んだ本。

目のくらむ隠れ家、地上12mの書斎、森のゲストハウス、恋人たちの小屋など、究極の大人の遊び・ツリーハウスで夢を膨らませてくださいね!

20130808

ツリーハウスで夢をみる
著者:アラン・ロラン、ダニエル・デュフール、ギスラン・アンドレ/
訳:日本ツリーハウス研究会、山瀬千晶
出版社:二見書房

木の上の小屋というと、『スタンド・バイ・ミー』が思い浮かぶ。

大きな楡の木の上で、少年たちが悪ぶって遊んでいた。カードゲームをしたり煙草を吸ったりして。あの小屋は子どものたまり場だったけど、本書のツリーハウスは大人の夢をかたちにしたもの。

スリル満点の秘密めいた場所に憧れるのは大人だって同じ! 森の樹上の家で自然に抱かれて眠りたい。鳥の声を聞き、本を読み、星を眺めてみたい。

こんな願いを実現するのは、ツリーハウス工房の3人の男たち。木にやさしい小屋造りを目指し、ツリーハウスのさまざまな可能性にトライしているのです。

本書では、彼らが丹精込めて造ったツリーハウス約50を地元フランスを中心に紹介。樹上の小屋はどれも樹形をそのまま生かしつつ、自然に寄り添うように組み立てられています。

枝に滑車を取りつけ、本やワインを入れたバスケットをロープで引き上げる。これもツリーハウスの醍醐味ですね!

ツリーハウスの「朝時間」は、地上11mの吊り下げ小屋。
天空の家からは、ジュネーブの湖が見渡せます。

Love, まっこリ〜ナ

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング