BLOG

猫の本特集『トマシーナ』の巻

今朝のカフェボンボンメニューは、「猫の本」特集です。

数ある猫の物語の中から、心に深く残る本をピックアップしました。本日から3回連続でお届けしますので、どうぞお楽しみに!

第1弾は、ポール・ギャリコの名作『トマシーナ』。人と動物との強い絆に心を揺さぶられるストーリーです。

20120823

トマシーナ
著者:ポール・ギャリコ/訳:山田蘭
出版社:東京創元社

主人公はめす猫のトマシーナ。どんな猫かって?

エメラルド色の美しい目。ピンク色の舌はノイバラのつぼみの色のよう。好きなものはキャラウェイのケーキとラヴェンダーの香り。

トマシーナは獣医のひとり娘メアリ・ルーにかわいがられ、幸せな日々を送っていました。でも、トマシーナが病気になると、獣医は安楽死を命じます。その日からメアリ・ルーは悲しみのあまり心を閉ざしてしまいますが、突如、猫の女神が現れ、物語は神秘性を帯びてきます。娘を失いそうになった獣医は怒り、傷つき、愛を取り戻したいと願うのですが……。

動物を癒す力を持つ“赤毛の魔女”ローリの登場で、世界はいっそう深みと輝きを増します。傷ついた野生の動物たちを看病しながら、小さな家にひとりでくらすローリ。スコットランドの素朴な森の生活に、静かで穏やかな時が流れています。

トマシーナの「朝時間」は、朝早く外に出て、太陽が昇るのを眺めるひととき。

本のお供には、トマシーナの好きなキャラウェイの実入りケーキをいかがですか? ハーブのキャラウェイには、人や動物を引き止める力があるという言い伝えがあるそうです。このケーキは愛を取り戻す物語の象徴なのかもしれませんね。

***

猫の本特集、こちらもどうぞ。
猫の本特集『黒ねこミケシュのぼうけん』の巻
猫の本特集『カモメに飛ぶことを教えた猫』の巻

Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング