とろーり卵黄がたまらない!簡単「カルボナーラ風トースト」

 

おはようございます。料理家の村山瑛子です。

今日は食パンのアレンジレシピ「カルボナーラ風トースト」をご紹介します。

ピザ用チーズではなく、冷蔵庫で余りがちな粉チーズを使うのでお手軽!いつもと違うトーストが食べたい…そんな朝にぜひ作ってみてください。

卵黄がとろり♪簡単「カルボナーラ風トースト」

材料(1枚分)

  • 食パン  1枚
  • 卵   1個
  • スライスベーコン  1枚
  • 粉チーズ  大さじ1
  • すりおろしにんにく  少々
  • マヨネーズ  適量
  • 黒こしょう  適量
  • (あれば)パセリのみじん切り 少量

作り方

1) 食パンはパンの耳の内側を手で押して軽く潰し、耳の淵ぎりぎりにマヨネーズを一周絞る。ベーコンは5mm幅に切る。

2) 卵を卵黄・卵白に分けて、卵白に粉チーズ、にんにく、ベーコンを混ぜる。

3) (1)のパンに(2)の卵白を優しく流し込む。トースターで加熱をしてパンがこんがり焼けるまで焼く。

焼く前のカルボトースト

4) 卵黄をのせて粉チーズ(分量外)、黒こしょう、パセリをちらす。

とろーり卵黄がたまらない!簡単「カルボナーラ風トースト」

いかがですか?ぜひ試してみてくださいね。

★最新情報を随時更新中!村山瑛子 公式Instagram:@murayamaeiko

☆この連載は【毎週火曜日】更新です。次回もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング