“申し訳ありませんが…”はどう言う?「断るとき」に便利な英語表現

 

毎週金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーション「朝時間.jp」のコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。今話題のニュースに関する英語表現、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

謝る女性

“申し訳ありませんが…”はどう言う?

ビジネスシーンでは、お客様に言いにくいことを伝える際など

「申し訳ございませんが…」

「申し訳ありませんが…」

という一言を、クッション表現としてよく使用しますよね。

このような、断りや拒否の際に、直接的な表現をさけるために使える表現が、英語にもちゃんとあります!

I’m afraid ~:申し訳ございませんが、~ / 残念ですが、~

英語では、I’m afraid~ という表現を用いることで、言いにくいことを婉曲的に伝えることができます。

これは、相手に悪い印象を与えず、何かをお断りする際に役立つ表現です。

例)
Aさん:Would you be able to help me by checking my presentation slides sometime today?(=本日中にプレゼンテーションのスライドを確認いただけますか)
Bさん:I’m afraid I can’t help you today. I have a lot of tasks to work on.(=残念ながらお手伝いできません。やらなくてはいけないタスクが多くて…)

断るときは、言い方に気を遣うものです。

といっても、いきなり “I cannot help you.(私は手伝えません)” では、相手も気を悪くするかもしれませんよね。

日本語の「申し訳ございませんが」にあたる言葉を前置きすることで、より相手に配慮したコミュニケーションをとることができます!

ビジネス英語のフレーズとして、とても便利なので、ぜひ使ってみてください。

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

☆この連載は<金曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング