薄切りで時短!「鶏むねぺらぺら唐揚げ」「野菜ケチャップ炒め」2品弁当

 

みなさま、おはようございます。料理研究家の「かめ代。」です。

心が楽になる2品弁当。連載第123回目の2品弁当は、フライパンを途中洗わずに2品作れる

  • 鶏むね肉のぺらぺら唐揚げ
  • 薄切り野菜のケチャップ炒め

のレシピをご紹介します。

主菜の唐揚げは、鶏むね肉をそぎきりにして薄く。フライパンは洗わずに、副菜を作ります。固い根菜も薄く切ったら火の通りがよくて楽に調理できます!

2品が無駄なくスムーズに調理できますので、ぜひお試しください。

薄切りで時短!「鶏むねぺらぺら唐揚げ」「野菜ケチャップ炒め」2品弁当

「鶏むね肉のぺらぺら唐揚げ」「野菜のケチャップ炒め」

1品目 鶏むね肉のぺらぺら唐揚げ

材料(1人分)

  • 鶏むね肉 100g
  • しょうゆ 小さじ1
  • 酒 小さじ1
  • おろししょうが 小さじ1/3
  • 片栗粉 大さじ1強
  • ごま油 大さじ1強

作り方

1) ボウルに薄くそぎ切りにした鶏むね肉を入れ、しょうゆ、酒、おろししょうがを混ぜる。

鶏むね肉

2) 片栗粉を半量もみこむ。

※一度にすべて入れるのではなく、もみこんでから上にもまぶすと鶏むねはしっとり、表面はカリカリに

鶏むね肉のぺらぺら唐揚げ

3) フライパンにごま油を入れて中火で熱し、(2)に残りの片栗粉をまぶして並べ入れて裏返してもう片面もこんがり焼き、全体に火を通す。

鶏むね肉のぺらぺら唐揚げ

※薄いのであっという間に火が通ります。こんがりと焼き色がついたらOK!

鶏むね肉のぺらぺら唐揚げ

※こげつかない加工をされた直径20cmのフライパン使用。蓋も必要です

※フライパンは洗わず、副菜を作りましょう

2品目 薄切り野菜のケチャップ炒め

材料(1人分)

  • れんこん 50g程度
  • にんじん 20g程度
  • ブロッコリー 30g程度 ※野菜は合わせて100g程度で
  • 水 1/2カップ
  • ケチャップ 大さじ1
  • いりごま 大さじ1

作り方

1) れんこんとにんじんは、2mm幅程度のいちょう切りに。ブロッコリーは小さめの小房に分ける。

2) 唐揚げを作ったフライパンを洗わずそのまま中火で熱し、れんこんとにんじんを軽く炒める。

※唐揚げの残りのごま油をそのまま利用します

薄切り野菜のケチャップ炒め

3) 水を入れ煮立ったら、ブロッコリーを入れて蓋をして2分程度加熱する。

薄切り野菜のケチャップ炒め

4) ケチャップを入れて水分を炒り飛ばす。

薄切り野菜のケチャップ炒め

5) 仕上げにいりごまを入れて、軽く炒める。

薄切り野菜のケチャップ炒め

2品弁当の詰め方プロセス

1) ご飯をお弁当箱に入れる。唐揚げを入れるところは1cm程度低く詰めて海苔を敷く。

詰め方プロセス

※冷ます時には、割りばしなどの上にお弁当箱を置いて底を浮かせると、下にも空気が通って早く冷めます

2) 海苔の上に唐揚げを並べ入れる。

詰め方プロセス

3) 空いているところに副菜を詰める。

詰め方プロセス

4) ごはんにゆかりをちらす。

詰め方プロセス

※分量外の材料(ごはん1人分、ゆかり 適量)

*****

今週の「心が楽になる2品弁当」はいかがでしたか?

フライパン1つで手軽にできる2品です。薄切りにすると火通りがよいので、とてもスピーディーに調理できます。

「鶏むね肉のぺらぺら唐揚げ」「野菜のケチャップ炒め」

ゆかりの酸味も唐揚げやケチャップ炒めによく合います。

毎日のお弁当作り。心を楽に。2品弁当を楽しんでくださいね。

******

「心が楽になる2品弁当」のルール

  • おかずは2品だけ
  • 詰め方も簡単に。紙カップは使わない
  • 市販の調味料やあしらいものは常備して利用
  • 2品で朝15分以内に完成する簡単美味しいお弁当

******

料理研究家 かめ代。

公式サイト 「 kameyo レシピと暮らし」 https://kameyogohan.com/

公式ブログ 「かめ代のおうちでごはん。」 https://kameyogohan.blog.jp/

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙しい朝でも作れる♪「心が楽になる2品弁当」

人気料理研究家のかめ代(かめよ)さんによる、弁当メニューとレシピ、詰め方レッスン。時短で楽に作れておいしい2品弁当、唐揚げや卵焼きなど定番お弁当おかずやおにぎり、お手軽レンジおかず、ダイエット中に役立つヘルシーレシピ、傷みを防ぐコツも。
Written by

料理家 かめ代。

料理家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」「忙し女子のための料理上手になるらくちん弁当」(イカロス出版)他多数。
▼公式サイト 「 kameyo レシピと暮らし」 https://kameyogohan.com/
公式ブログ 「かめ代のおうちでごはん。」 https://kameyogohan.blog.jp/

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング