繊維たっぷり!「切り干し大根」と「生の大根」の栄養価の違いって?

 

11月20日:今日は「いいかんぶつの日」

先日、ふと気になったこと。それは…

切り干し大根と、生の大根って、栄養価はどう違うんだろう?」ということ。

元はといえば、同じ大根。でも、乾物と生では栄養価は異なるとききますよね。調べてみた結果、ちょっと衝撃的な内容が判明しました。

切り干し大根の煮物

想像以上にすごかった!切り干し大根の栄養価

カゴメさんが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」によると、普通の大根と切り干し大根の栄養価の違いは以下の通り。

皮付き大根の根(生)にはカルシウム24mg、カリウム230mg、葉酸34μg(マイクログラム)食物繊維1.4gなどの栄養があります(可食部100g当たり)。

一方、切り干し大根の同じ栄養素を見ると、カルシウム500mg、カリウム3500mg、葉酸210μg、食物繊維21.3gと、根(生)より大幅に含有量が増加します。

出典:[切り干し大根は栄養の宝庫]なんとカルシウムは大根の20倍!|野菜専門メディア「VEGEDAY」 

圧倒的に、切り干し大根の栄養価が高いのですね…!カルシウムに至っては20倍の栄養価。干すことでうまみだけでなく栄養も凝縮されるそうです。

確かに、切り干し大根に限らず、干しシイタケや昆布など、乾物にはぎゅっと栄養がつまっているイメージがありますよね。

戻し汁にも栄養がいっぱい!おすすめの活用方法

切り干し大根をお料理に使う時、水に漬けて戻すと思うのですが、その戻し汁にも栄養がいっぱい!なので、ぜひ捨てずに活用しちゃいましょう。

私のおすすめレシピは、こちら。

切り干し大根のスープ

戻し汁ごと鍋で煮るだけ!簡単「切り干し大根のコンソメスープ」  by 料理家 村山瑛子

戻し汁を活用して作る、コンソメスープです。栄養がしっかり摂れるだけでなく、切り干し大根の旨味も活きていて一石二鳥。工程もシンプルなので、忙しい朝にもぴったり。

切り干し大根は乾物なので保存も効くのが嬉しい点。是非、おうちに常備してみてくださいね。

「いいかんぶつの日」とは?

海産物や農産物を干したり乾燥させたりして出来るのが、昆布、かつお節、干ししいたけ、切干大根などの「かんぶつ(干物・乾物)」。日本の伝統的な食文化である「かんぶつ」を味わい、楽しみ、学ぶ日にと、日本かんぶつ協会が制定。日付は干物の「干」の字が「十」と「一」で成り立ち、乾物の「乾」の字は「十」「日」「十」「乞」から成り立っていることから、これらを組み合わせると「11月20日にかんぶつを乞う」と読むことができるため。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング