まだまだ大丈夫…と思ってない?「ひざ」をいたわる3つの習慣

 

11月13日:今日は「いいひざの日」

加齢に伴い気になってくるといわれる、「ひざ」の痛みや違和感。ひざは、歩くうえで特に重要な関節ですよね。ひざを痛めてしまうと、歩行困難になり、日常生活が難しくなってしまうことも…。

そんな大切な部位だからこそ、普段から痛めないように気をつけることが重要です。今日は、若いうちから気をつけたい!「ひざ」をいたわる習慣を3つご紹介します。

【1】適度な運動を習慣にする

歩く女性

運動不足になってしまうと、血行不良になるだけでなく、筋力が衰えて肥満にもつながりますよね。その結果、ひざへの負担が加速してしまいます。

激しい運動をする必要はありませんが、ウォーキングや筋トレなどを習慣にして、筋力や柔軟性をつけることが重要です。

特に、テレワークで運動不足になっている方は、ダイエットだけでなくひざのためにも、軽い運動を取り入れてみるとよさそうです。

【2】湯船に浸かる

お風呂

入浴することで血行が良くなり、さらに関節の動きが滑らかになると言われていますよ。

疲れている日も、できるだけシャワーだけで済ませず、しっかりと湯船につかりましょう。入浴習慣は、もちろん冷え対策にもおすすめです◎

【3】関節痛を予防する栄養素を摂取する

関節痛を予防するといわれる成分といえば

  • コンドロイチン
  • グルコサミン
  • コラーゲン・トリペプチド

など。ドラッグストアなどでもこれらのサプリメントが発売されていますよ。「ちょっと気になるな」という方は、まず手軽なサプリメントを試してみるのもいいかもしれませんね。

ひざ

いかがでしたか?関節痛は少しずつ進行すると言われています。

「まだ若いし」「痛みがないから大丈夫!」と過信せず、将来のためにも、早いうちから予防や対策をしておきたいですね!

「いいひざの日」とは?

寒さが増してひざが痛み出す時期に、コンドロイチンZS錠などの関節痛の薬を開発するゼリア新薬工業株式会社が、ひざ関節痛の治療や予防を広く呼びかけるために制定した日。日付の理由には覚えやすいように11と13で「いいひざ」と読む語呂合わせも含まれている。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング