英語「Logistical nightmare(=物流の悪夢)」ってどんな意味?

 

毎週金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーション「朝時間.jp」のコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。今話題のニュースに関する英語表現、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

忙しさで頭を抱える男性

英語「Logistical nightmare(=物流の悪夢)」ってどんな意味?

Logistics(=ロジスティクス)という言葉。ビジネスに携わっている方なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

ロジスティクス=物流 ですが、実はlogisticsというのは必ずしもビジネス的な意味での「物流」とは限りません。

一般的に意味で使われるときには「段取り、計画」という文脈で使われることがたくさんあります。さらによく合わせて使用する言葉が nightmare(=悪夢)です。

logistical nightmare=予定が詰まっていて悪夢のようだ

想像してほしいのですが、出張でたくさんの会議や接待で予定がいっぱいで、一息つく間もないことがありますよね。そのような状況を、英語では logistical nightmare(=予定が詰まっていて悪夢のようだ)と表現します。

たくさんの人や予定で調整が困難な様子を表す言葉ですね。

例)
Aさん:We are swamped with so many meetings this week, and we don’t have enough interpreters to cover all of the meetings. It has been a logistical nightmare trying to organize everything.
(=今週は非常に多くのミーティングに追われており、すべてのミーティングをカバーするだけの通訳者がいません。すべてを整理するのは予定が詰まっていて悪夢のようだ
Bさん:That seems really tough. I think we need to hire more interpreters going forward.
(=それは大変だね。今後はもっとたくさんの通訳者を雇っていかなければいけないかもしれないね)

ネイティブがよく使用するフレーズですので、正しい意味を知っておくことが大切ですね。いざというときに困ることのないように覚えておいてくださいね。

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

☆この連載は<金曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング