コーヒー&アイスが絶品!銭湯を改装したカフェ「レボン快哉湯」

 

10月10日:今日は「銭湯の日」

銭湯って、なんだか良いですよね。私の住んでいる家の近くにも銭湯があります。ちょっとお湯の温度が高いのですぐのぼせてしまうのですが、昔ながらの佇まいに安心感を覚えます。

さて、先日、東京・入谷をお散歩していたら、銭湯を改装したカフェに出会いました。

レボン快哉湯

レボン快哉湯(れぼんかいさいゆ)、こちら、なんと、銭湯を改装したカフェなんです!

色々な想いから生まれた、銭湯カフェ

築90年を超える銭湯を改装して生まれ変わったというカフェ「レボン快哉湯」。

1928年に開業したものの、2016年にオーナーの引退によりお店を畳むことに。それでも、この建物は未来に残したい、そんなオーナーの想いから再活用プロジェクトが発足。そうして、建築会社のオフィスとして生まれ変わりました。

ですが、再び地域の方々の憩いの場にもしたい…そうして、脱衣所部分をカフェにすることに決めたそう。

現在は浴室内部分が建築会社のオフィスとして、脱衣所がカフェとして使われていますよ。

レボン快哉湯

おすすめは、コーヒーとアイス

このカフェに訪れたらおすすめしたいのが、温度や時間を調整しながら焙煎しているコーヒーと、添加物は一切不使用のアイスのマリアージュプレートです。

私がいただいたのは、ココナッツ&コロンビア(¥1,080)※夏季限定メニューのため現在は終了しています

お店の方に、「まずコーヒーを飲んでから、アイスを食べて、アイスが口の中で残っている状態でまたコーヒーを飲んでみてください」と教えていただき、早速試してみると…コーヒーとアイスの風味が合わさって新感覚の味わいに!

お尋ねしたら、コーヒーとアイスの組み合わせを徹底的に追求しているとのこと。とても面白い体験でした。

昔ながらの銭湯の雰囲気と、モダンなカフェが見事に融合した、素敵な空間。ぜひみなさんも足を運んでみてください!

レボン快哉湯(れぼんかいさいゆ)

〒110-0004
東京都台東区下谷2-17-11
12:00 ~19:00
東京メトロ日比谷線 入谷駅より徒歩3分
定休日:不定休

※営業時間や定休日は変更になることがございます。事前にお店のInstagramなどでご確認ください

「銭湯の日」とは?

1964年の東京オリンピックの開幕日にちなみ、スポーツで汗をかいたあとに入浴をすると健康増進につながることから東京都公衆浴場業生活衛生同業組合が1991年10月10日に制定。10月10日を銭湯(セントウ=1010)と読む語呂合わせもその日付けの由来のひとつ。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング