クヨクヨ体質をリセット!就寝前の「良かったファイブ」ノート術

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの連載「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」では、朝時間を活用して人生を変えた池田さんに朝時間×ノートの使い方、考え方をご紹介いただきます。ノートを用意して、一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第22回:ポジティブ体質に切り替える!ノートの活用法(後編)

ノートとペン

おはようございます!国家資格キャリアコンサルタントの池田千恵です。

この連載では、朝時間でノートに自分の過去(自分が紡いできた物語)や未来(これから紡ぐ物語)を描くことで、小さいころからの夢やワクワク、興味の向かう先を思いだし、未来の夢につながる「道しるべ」を見つける方法を紹介します。

前編の記事「ポジティブ体質に切り替える!「朝ノート」「夜ノート」の活用法」では、クヨクヨ体質をリセットするために朝ノートと夜ノートで書く内容を変えてみようという話をしました。

後編の今日は、具体的にどのように書いていくかについて解説します。

夜はできたことを数える「良かったファイブ」がおすすめ!

5本のお花

夜になにかを考えると感情に支配されてしまいがちなので、落ち込みそうになった夜はサッサと寝るに限ります!

夜のクヨクヨより朝のクヨクヨ。戦略的に先送りしましょう。

とはいえ眠れない…という方はにおすすめなのが「良かったファイブ」の習慣です。やり方はとってもカンタン!眠る前に今日一日を振り返り、良かったことを5つ数えましょう

良かったことを3つというのはよく聞きますが、実は「5つ」数えるのがポイントです。

これは長年お世話になっている医師から教わった方法です。

1つ〜3つだと割とカンタンに良かったことを挙げられますが、5つ数えようとすると、大変なことの中でに隠れている良かったことを、無理にでも数えられるようになるんです。

よかったファイブは「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」の思考になりがちな思考を、できたことだけ数える!思考に変える効果があります。

私はこの「良かったファイブ」を、5歳になる息子と一緒に眠る前の習慣にしています。私の場合は息子と口頭で話し合うようにしていますが、ノートに書くと記録に残り「良かった」が貯まるので、さらにおすすめです。

ノートに自分の「良かった」がずっと残り続け、振り返ることで「私けっこう頑張ってる!」と自信を積み上げることができます。

朝は感情でなく“事実”を書く「客観ノート」がおすすめ

ノート

朝は前日の出来事を客観的に探るのに適しているので、事実を書き出して対策を練るようにしましょう。

具体的には、朝、前日の失敗や反省、相手に言われた言葉を、感情を抜きに事実「だけ」を書いていくようにするのがおすすめです。

このときのポイントは、「頭に来た」「悲しい気分になった」などの感情を書くのではなく、言われた言葉や出来事、当時の状況などの「事実」を淡々と書くことです。

以前の記事「“事実”と“感情”を切り分けよう!朝ノートで理性的になれる理由とは」で具体的な書き方を解説していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

***

朝と夜のノートを使って、気持ちを切り替える方法をご紹介しました。

ついつい嫌なことを引きずってしまいがちな方、ぜひご紹介した方法を試してみてくださいね。

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

☆前編「ポジティブ体質に切り替える!『朝ノート』『夜ノート』の活用法」 >> https://asajikan.jp/article/209497

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。国家資格キャリアコンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング