宣言するのがコツ!?計画を実行に移すためにやりたい3つのこと

 

9月5日:今日は「計画と実行の日」

ノート

今日は、「計画と実行の日」

毎日生活する中で、「やりたいことはあるんだけれど、なかなか行動できない」…仕事でもプライベートでも、そんな風に思うことってありませんか?

私自身、やりたいことはたくさんあるのになかなか実行できず、どんどん自己嫌悪に陥っていた時期がありました。このままではいけない!と色々試してみた結果、効果があったアクションが3つあります。

今日はその具体的なアクションをご紹介します!

【1】目標を「周囲に宣言」しておく

宣言する女性

たとえば「ダイエットする!」「〇〇という資格を取る!」など、明確な目標がある場合、それを周りに宣言するようにしました。

宣言してしまえば、後には引けなくなるもの。「そういえば、ダイエットは順調?」「資格はもう受けたの?」と、周りからも気にしてもらえるのでモチベーションが維持できます。

今現在も、10月にある資格試験を受けることを周りの人に話すことで、自分を追い込んでいますよ。

周りに話すと、同じ目標を持っている人、またはその目標を既にかなえた人ともつながることができます。ぜひ目標は口に出して、誰かに話してみましょう!

【2】「目に見えるところ」に目標を書く

付箋

冷蔵庫でも、ドアでも、鏡でもなんでもOK。毎日目にするものに目標を書いた付箋に貼っておく方法も、実行につながる効果がありました。目に入る頻度が増えることで、常に目標のことを考えて行動できるようになりますよ。

たとえば私は今ノートPCに「広背筋」と書いた付箋を貼っています。

どういうことかというと、今の私の目標は「常に姿勢の綺麗な人でいたい!」というもの。「広背筋」とは、文字通り背中の筋肉のこと。この付箋を見ると、「今、猫背になってた!広背筋を意識しなきゃ!」と思えるので、自然に綺麗な姿勢がキープできるのです。

もちろん「資格取得◎」とか「〇kgやせる」など目標そのものを書いてもOK。毎日目にするだけでも変化が出てきますよ。

また、スマホの待ち受け画面に目標に関する写真を使うのもおすすめ。私は、憧れのアイドルを待ち受け画面にしています。彼女を見るたびに、「私もこんな女性になりたいなぁ」という想いが沸き起こり、「よし、ダイエット頑張ろう!」と気合いが入ります。

【3】「目標達成後のわくわく」を想像する

自分がたてた目標が達成したあと、どんな良いことが待っているか…そのわくわくを想像するのもおすすめです。

たとえば、「〇kgやせる」という目標だとしたら、着たい服が着られるようになる、とか、水着を堂々を着られるようになる、とか。そんな未来をリアルに想像したら…なんだか行動せずにはいられなくなりませんか?(私はそうでした!)

既にその目標を達成したと仮定して、その時の喜びを1度思いっきり感じ切ってみてください。そうすると、モチベーションも一層高まるはずです。

***

この3つの方法は、今すぐにお金をかけずに実行できるものばかり。ぜひ楽しみながら、目標達成を目指してくださいね。

「計画と実行の日」とは?

「計画と実行」を理念に事業支援を行う株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズが制定。計画(Planning)を立てて実行(Execution)することの大切さを、世の中に広めていくのが目的。日付は計画の計の字が9画であり、実行の英字のExecutionの頭文字Eがアルファベットの5番目であることと、同社の設立日が2001年9月5日であることから。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング