袋で揉みながら凍らせるだけ!即席「桃ジェラート」の作り方♪

 

8月27日:今日は「ジェラートの日」

今日は、イタリア発祥の氷菓であるジェラートのおいしさ、を多くの人に感じてもらうことを目的に制定された「ジェラートの日」。

さまざまなフレーバーが揃うジェラートは、アイスクリーム同様、暑くて湿気の多い残暑に恋しくなるひんやりスイーツのひとつですよね。

ジェラートの歴史は意外と古く、なんと2500年前に生まれたものとされていますよ。

「ジェラート」と「アイス」の違いって?

イタリアン・ジェラートの魅力を伝える日本ジェラート協会によると、ジェラートはイタリア語ではアイスクリームと定義されているそう。

ただ、日本のアイスクリームは、法令で「乳固形分15%以上その内8%は乳脂肪でなければならない」と定義されているため、5%前後の乳脂肪で製造されるジェラートは日本ではアイスクリームではなく、「アイスミルク」になるのだとか。

バニラやチョコレートのジェラートも、アイスクリームに比べてさっぱりした後味のものが多いのは、乳脂肪の割合が少ないからだったんですね!その分、フルーツなど素材の味わいがしっかり楽しめるものが多いようです。

(出典:日本ジェラート協会ホームページ <http://www.italiangelato-kyokai.com> ):Q&A

難しい工程はナシ!「即席桃ジェラート」の作り方

即席桃ジェラート

旬の桃を使って、おうちで簡単♪

以前友人に教えてもらって以来、私のお気に入りになっている「即席ジェラート」のレシピをご紹介します。

必要な材料と道具は、以下の通り。

  • 桃 1個
  • 牛乳または豆乳 100cc程度(お好みに合わせて調整してください)
  • 砂糖 お好みの量
  • レモン汁 少々
  • 厚手のジップ付き保存袋 1枚

工程もとてもシンプルです。

1) ジップ付き保存袋に桃と砂糖、レモン汁を入れて揉みます。(果肉感を残したい場合は、この工程で桃をつぶしすぎず、優しく揉むことをおすすめします)

2) しっかり混ざったら、牛乳を追加して揉み、冷凍庫へ。

3) その後30分に1回のペースで冷凍庫から取り出して揉みます。3~4回ほど揉んだら完成です。

桃の豊かな香りと、なめらかな食感が絶妙のジェラート。複雑な調理道具を使わずに作れますし、なんといっても洗い物が少ないのが嬉しい点!

とっても簡単なので、お子様と一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

「ジェラートの日」とは?

日本ジェラート協会が制定。ジェラートの魅力を伝え、より多くの人にその美味しさを感じてもらうことが目的。日付は世界中を魅了した映画「ローマの休日」がアメリカで公開された1953年8月27日にちなんで。映画の中でオードリー・ヘプバーン演じるアン王女がスペイン階段でジェラートを頬張るシーンは、ジェラートを世界中の人々に知らしめ、ローマを訪れる観光客の憧れのデザートとなった。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング