具材2つで超簡単!甘辛ジューシー「きつね丼」

 

おはようございます!

今日は先日ご紹介した『たぬき丼』に続き、「早い!」「安い!」「美味しい!」そんな『丼ごはん』のおすすめメニュー【きつね丼】のレシピをご紹介します。

たぬき丼は「天かす」を使いましたが、きつね丼は「油揚げ」を使います。調味料を吸った油揚げが甘辛ジューシーで、とにかくごはんが進みます。しかも、とっても簡単に作れるので、忙しい朝にピッタリです。

今回は、油揚げとネギを一緒に煮ますが、ネギは余りがちな「青い部分」を使うのがオススメ!強いネギの香りが、甘辛味によく合いますし、緑が入ると色もきれいに仕上がりますよ(^-^) もちろん、白い部分でも大丈夫です!

具材2つで超簡単!甘辛ジューシー「きつね丼」

材料(1人分)

  • 油揚げ 1枚
  • 長ねぎ(青い部分) 5cm ※白い部分でもOKです。青い部分のほうが香りが強く、色合いがよく仕上がります
  • (A)醤油 小さじ2~大さじ1
  • (A)みりん・酒 各大さじ1
  • (A)砂糖 小さじ1と1/2
  • (A)水 50ml
  • ごはん 一膳
  • (お好みで)一味唐辛子、おろししょうが 適量

作り方

1) 油揚げは1cm弱の細切り、ネギも同様の太さの斜め切りにする。

2) フライパンに(A)と油揚げを入れて火にかける。煮汁が半分くらいになったらねぎも加え、汁気がほとんどなくなるまで煮たら、丼に盛ったごはんにのせる。お好みで、すりおろししょうがや一味をかける。

いかがでしょうか?本当に簡単にできますが、とっても美味しいんです!具材は、長ねぎがない場合や、ねぎが苦手なお子さん向けに作るなら、玉ねぎでも◎

甘辛い味付けで、お子さんにも喜ばれると思いますよ♪忙しい朝にはもちろん、春休みのお子さまのランチにも、ぜひ活用してみてくださいね。

★最新情報を随時更新中!村山瑛子 公式Instagram:@murayamaeiko

☆この連載は【毎週火曜日】更新です。次回もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング