おはようございます♬

先日のアカデミー賞では
韓国映画『パラサイト 半地下の住人』が
作品賞を受賞し、アメリカ・韓国はもちろん
日本でも話題になったのではないでしょうか。

英語絶賛勉強中の私は、アカデミー賞はもちろん
その前哨戦と言われるゴールデングローブ賞、
音楽の祭典グラミー賞、
ミュージカルのトニー賞など色々な受賞式を
テレビで観るのが大好きなんです♡

なぜって、そこでは見慣れた俳優や歌手の
リアルな英語を聞くことができるから。

ちなみに豆知識ですが前述した〇〇賞
英語で〇〇Awardsと表記します。
例えばアカデミー賞は『Academy Awards』
グラミー賞は『Grammy Awards』など。

各賞は事前にノミネートされた人物が発表され
当日、受賞者が発表されるという形式が採られ
ノミネートされた人は『nominee』と呼ばれます。

なんてここまで書くと、アカデミー賞2020の話
と思われそうですが、実は…違います。

 

今日は、作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞
録音賞・美術賞・衣装デザイン賞・音響編集賞
主演&助演男優賞など

数多くのノミネートがあったにもかかわらず
助演男優賞と美術賞のみの受賞で終わった
タランティーノ監督の
ワンスアポンアタイムインハリウッド』から

Once upon a timeの話

 

 

 

 

 

 

Once upon a time
これは英語を話す人なら誰もが知っていて
特に子供が大好きなフレーズ。

さて、どういう意味かわかりますか?

 

これは私たちの言葉で言うところの昔々
意味で、おとぎばなしの常套句のことなんです。

 

例えば「赤ずきんちゃん」でいうとこんな感じ。
昔々あるところに小さくて可愛い女の子がいました。
Once upon a time there was a dear little girl.

ウィキペディアによるとこの「ワンス・アポン・ア・タイム
(Once upon a time)」は
ハッピーエンドを迎える話の場合
結びの句として「ever after」やand they all lived
happily ever after
」があり日本語訳では
それから幸せに暮らしましためでたし、めでたし」と
結ばれることが多い、
とのこと。

 

 

映画「ワンスアポンアタイムインハリウッド」の
結末はというと…

それは観てのお楽しみ。

そのタイトルをあえて日本語に訳すなら
Once upon a time in Hollywood.
= 昔々ハリウッドで、といった感じでしょうか。

 

 

さらにこのOnce upon a time、
実は昔話だけに使われるのではなく
普段使いも可能なんです。

例えば「Once upon a time there was a “letter”
昔々「手紙」というものがあって…」
とラブレターに関してあれはいいもんだったなぁ
なんてことを言いたいときにはこんな使い方も。

ただしこのフレーズには過去を懐かしむ気持ち
含まれているので単純に、昔々の事実の話を
するときには使うことが出来ません。悪しからず。

 

 

最後に、アカデミー賞の話に戻って本日は〆。

助演俳優賞を獲ったブラッド・ピットって
普段はスピーチのときはふざけておやじギャグを
連発する人ってイメージが強いんですが

例えば、ゴールデングローブ賞のときはお母さんを同伴するか
悩んだ話や共演のレオナルド・ディカプリオに
タイタニックで(自分だったら)筏に乗ってたよねって話かけたり

英国アカデミー賞のときは(スピーチは代読)独身に戻って
おめでとう!独身クラブにようこそイギリス!と
EU離脱の件をいじったり、このトロフィーにヘンリーと
名付けてアメリカに連れて帰ることを楽しみにしていますと
王室を離れたヘンリー王子の件をネタにしたり
(ちょっと言い過ぎと叩かれていましたが)…

 

 

 

今回のアカデミー賞では割と真面目にスピーチ
監督のタランティーノや共演者のレオへ賛辞を

(劇中ではスタントマン役だったので)スタントマンや
その他のキャストやクルーたちへ感謝を述べ

『僕は過去を振り返るタイプじゃないんだけど
友達がドライブインシアターに「明日に向かって
撃て」を観に連れて行ってくれたこと

車に荷物を詰め込んでこの街(ハリウッド)
引っ越して来たこと

そしてジーナ(デイヴィス)やリドリー(スコット)
初めてチャンスをくれたこと

これまでの長い道のりで出会った全ての
素晴らしい全ての人たちのおかげで
僕は今ここに立っているんだ。

ワンスアポンアタイムインハリウッドって
本当の話なんだよ。』

最後にオスカー像を持ち上げて
『僕のやること全てに影響を与える子供たちに。
愛してるよ。』と締めくくっていました。

 

I adore you.=愛してるよ(大好きだよ)

 

新しいフレーズを学んだところで本日はこれにて。

もうすぐバレンタインデーですね。
日本では美味しいチョコレートがあちこちに
出没しているころなのではないでしょうか。

みなさま、どうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング