自転車窃盗団とtoo badの2つの表現

おはようございます♬

今朝はタイトルからして不穏な感じがする
そんなトピックですが、まさしく私に訪れた不幸話

昨年、私の住むエリアで高級自転車ばかり数十台が
1日で盗まれるという事件があり

友人から譲ってもらった私の高級(!!)自転車も
その被害に遭ったわけでして…

中古とは言え400ドルも支払った自転車を盗まれ
失意のどん底にいる中、この話をすると誰もが
That’s too bad.=それは大変だったね…』と
同情の意を示してくれたものでした。

嗚呼。1年間、喪に服すとしようチーン( ;∀;)

Bike

 

 

 

 

そしてあれから1年が経ち。
やっと買いました!新しい自転車。

今度は盗まれないように
カギは2種類付けようと思います( `ー´)ノ

 

と、いうわけでtoo badは
それを言う人によって意味が変わる」フレーズ。

前述のように、会話の相手の不幸な出来事に対して
それは大変だったね(残念だったね)」と言いたいときは
That’s too bad. と言うことができるし

自分の不幸な出来事を話して
(または相手との共通の不幸な出来事を話しながら)
「というわけでほんとイヤになっちゃった
と言いたいときには It’s too bad. と言うことができます。

坂道の多いシアトル。
下りは自転車、上りはバス、が私の移動手段の1つ。

そして一度失敗したものの、違うオーナーが始めた
バイクシェアリング(自転車の共同利用)が最近また復活!

bike sharing

 

 

 

 

これでまたシアトルの自転車人口が増えそうです♬

みなさま、本日もどうぞSweetに安全運転な1日を♡

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング