英語の“the 11th hour(11番目の時間)”ってどんな意味?

 

週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

英語の“the 11th hour(11番目の時間)”ってどんな意味?

“the 11th hour ”と聞いてどんな時間を思い浮かべますか?

直訳すると、「11番目の時間」。…これは、何を意味するのでしょうか?

実はこの“the 11th hour ”は、“at the last moment/minute” と同じ意味です!

つまり

at the 11th hour=ぎりぎりで、土壇場で、瀬戸際になって

という意味になります。

その由来は聖書からきていて、労働者が6時~18時の12時間労働をしていたときに、17時ぎりぎり(つまり、11時間め)にやってきて報酬をもらう人もいたそうです。

17時=11時間めぎりぎりにやって来ることから、このフレーズが土壇場を表すようになったそう。面白いですよね。

これから年末にかけて忙しくなる方も多いと思いますが、土壇場のthe 11th hourまでため込むことがないよう、ご注意ください!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング