最近よく聞く「サステナビリティ」って?リサイクルに関する英語3選

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

段ボール

最近よく聞く「サステナビリティ」って?リサイクルに関する英語3選

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が、選手村で使う寝具を発表しました。ベッドフレームはなんと「段ボール製」!約200kgに耐えられる上に、大会後は古紙として再生利用できるなど「持続可能性」にも配慮したそう。

環境にも配慮した技術とはすばらしいですね!

今回は、この「持続可能性」「リサイクル」にまつわる英語をご紹介いていきます。

段ボール:cardboard

段ボール箱は「cardboard box(case)」と表現します。

例) It was unveiled that cardboard beds will be used at the athletes’ village this week.(=今週、選手村で段ボール製のベッドが使用されることが発表されました)

古紙:used paper

古い紙=old paperではなく「used」が正解です。

例) The beds will be recycled as used paper after the 2020 Tokyo Olympics and Paralympics.(=そのベッドは2020年東京五輪・パラリンピックの後、古紙としてリサイクルされます)

持続可能性:sustainability

最近「サステナビリティ」というカタカナでをよく耳にする事、増えていませんか?サステナビリティは「持続可能性」という意味です。

例) One of the event’s themes is sustainability.(=イベントテーマの一つは、持続可能性です)

世界に誇る日本の技術が、さらに広まってほしいですね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング