BLOG

古い家で優しい暮らし。能町みね子の自叙伝風小説『お家賃ですけど』

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

能町みね子さんが二十代の頃の暮らしを日記をもとに描いた自叙伝風小説。東京・牛込を舞台に、昭和の下宿風アパートでの心温まる生活をつづります。


お家賃ですけど
著者:能町みね子
出版社:文藝春秋

能町みね子 さんは古いものが大好き。住む家も例外ではありません。ある日、不動産屋さんで「築四十年、家賃四万円、風呂ナシ、個別トイレ有、和室六帖にキッチン三帖弱」という物件を見つけ、一目で気に入ります。

古い下宿風アパートの大家さんは加寿子さん。推定年齢八十歳くらいです。この家を「加寿子荘」と名付けた能町さん、昭和レトロな雰囲気たっぷりの暮らしがはじまりました。

加寿子荘での日々はのんびりと優しくて。「北向きの窓から入るやわらかい光を浴びながら畳に寝ころがるのは無上の幸せ」そんな言葉に大好きな家に住む喜びがあふれます。それでも著者はたった一年でこの家を出ることになって……。

一年と九か月後に能町さんはこの家に戻ってきます。その間にいろいろなことが起こるのですが、再び著者が加寿子荘の暮らしをしみじみと味わい、街にゆっくりとなじんでいくようすに心が和みます。著者の身にはとても大きな変化が起こるのだけれど、いつも加寿子荘が心の拠り所となっていたのかもしれません。

「加寿子荘のお部屋は晴れと畳でできている」なんて素敵。晴れた休日には、著者は畳の上で本を読んだり、音楽を聴いたり、パスタを作ったり。優しい暮らしはつづいていく。お休みの日ののんびり読書にオススメです。

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング