おはようございます♬

今朝は旦那さんが「ベーグル食べたい」
「ベーグルが食べたい」とのたまうので
ニューヨークスタイルの
大きめ・もっちもちのほう、ではなく
シアトルスタイルとでも言えそうな
小さめ・薄くて・カリカリのほうのお店
薪で焼くベーグルのお店「Eltana」へ。

店内にはこんな感じで焼きたて
常時8種類以上のベーグルが。

このお店の素敵なところは
ベーグルの種類だけではなく
ベーグルに塗るスプレッド(塗り物)。

今日はベリーのクリームチーズと
アーモンドクリームに
カフェラテをオーダーしてみました。

美味しいです♡

ちなみに豆知識☆ウィキによると
スプレッドは英語 Spread の「広げる」
または「薄く延ばす」という意味に由来するとのこと。

美味しいベーグルに舌鼓を打ちながら
周りを見渡すとお父さんとお子さんらしい
3人のキッズが。

全員、塗り絵に夢中でもものすごく大人しい。

そのうち一番下の子っぽい男の子がお父さんに
出来上がった塗り絵を見せると、お父さん

「Wow, it’s so cool, good job Nigel.」
=おお、めっちゃかっこいいね
上手にできたねナイジェル。とおっしゃって…

 

こりゃすっかり忘れてた!
朝時間の記事になるじゃないの!

てなわけで、早速本日お披露目しております。
冷たい、じゃない意味のCool

この単語はもちろん「冷たい」が直訳で正しい。
でも、日常生活の中では
むしろ「アツい」ときに使う
そんなイメージがあります。

たとえば
誰かになにかいいことを教えてもらったとき
いいじゃん!」って言いたいときや
それ、かっこいいね!」と言いたいとき
That’s cool!

たとえば「大丈夫だよね?」と聞きたいとき
Are we cool?

たとえば、我が家の旦那さんにメールして
「I’m going to cook Tonkatsu for dinner tonight.」
=晩ごはんにとんかつ作ろうと思うんだけど
って言うときの返事「Cool!」=いいね!と

こんな感じで、Coolはアメリカ人にとっては
一日に一度は口をついて出てくる単語。

よければお見知りおきのほど…

ってなわけで、みなさまどうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング