おはようございます♬

みなさんご存知かと思いますが
私の住んでいるシアトルは『アメリカの西海岸』
LAやサンフランシスコのあるカリフォルニアや
ポートランのあるオレゴンと同じ西側にあります。

そして政治の中心ワシントンDCや
ニューヨークやボストン、シカゴは『東海岸』に。

この東西・両サイドのことはよく耳にするけれど
案外、日本では話題になりにくいのが
アメリカの真ん中、そしてその南部や北部。

かくいう私も、具体的にぽんぽんと
街の名前が出てきません。

でも美味しい食事、となると話は別。
アメリカ南部にはとっても美味しい料理が
これでもかってくらいたくさんあるんです♬

特にその朝食!
ウィキペディアによるとアメリカ南部の朝食は
イギリス・フランス・西アフリカ・カリブ地方
スペインなど多くの国(入植者)の影響を受け
他のエリアとはまた違った滋味深い料理が特徴。

 

そのひとつが、我が家の定番『グリッツ』です。
グリッツとは乾燥させたとうもろこしの粉で作る
おかゆみたいなもの。

先日紹介した『オートミール』同様に
インスタントのもので手軽に作れるのですが
本格的にちゃんと料理したものとは全く異次元!
美味しさが家で作るニラ玉と
中華料理店のニラ玉くらい違うんです。本当に!

お粥を食べる習慣のある私たちにぴったり。

水か牛乳で煮て
塩・こしょうでシンプルに味付けたり
チーズを入れたり
逆にはちみつやメープルシロップ
シナモンシュガーを加えて甘くしたりと
各家庭によって、好みも様々。

 

そんなわけで本日も遅めの朝食を食べに
開店直後の一番乗りでやって来た
大好きな「Fat’s Chicken and Waffles

旦那さんはここのチキン&ワッフルが
私はここの朝食セット
ビスケット・ソーセージ・スクランブルエッグに
グリッツを合わせたものが大好物♡

ここのグリッツなら
毎日でも食べたいくらい美味しいんです。
プチプチのとうもろこしの食感とチーズの相性
家でも作れたら最高なんですが…

と、美味しいアメリカ南部の朝ごはんをご紹介
だけじゃあ終わらないのが私の朝時間。

今日はこんなフレーズも併せてご紹介します。

アメリカのレストランで飲み物を頼むと
お茶・ドリップコーヒー・ソーダ類は
お代わりが無料の場合が多く
グラスが半分くらいになるとウェイターさんが
Would you like a refill?
(飲み物の)お代わりはいかがですか?
と聞いてきます。

お代わりしたいときは「Yes, please.」
いらないときには「No, I’m good thanks.」
と答えてOK。

もし自分からお願いするときには
Can I get a refill, please.
すぐに持ってきてくれるはずです。

と、うまいことまとまってはいないけれど
そろそろお別れの時間。

みなさま、どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング