○○をふれば表面カリカリ!具材2つで簡単「とろとろ白菜グラタン」

おはようございます!

今日は今が旬の「白菜」を使ったグラタンをご紹介します。

寒い時期に食卓への登場回数も増える白菜。味噌汁にサラダに漬物…と万能ですが、今日は、ベーコンと合わせたグラタンをご紹介します♪

具材はベーコンと白菜の2つだけ。ベシャメルソースを予め作る必要がなく、とっても簡単にできちゃいますよ!

前日に作って、チーズをかけて翌日に焼くだけの状態でスタンバイしておけば、朝は焼くだけであっという間にできちゃいますよ♪

○○をふれば表面カリカリ!具材2つで簡単「とろとろ白菜グラタン」

表面カリカリ、中はとろとろ!具材2つで簡単おいしい「白菜グラタン」

材料(2人分)

  • 白菜      大きめのものなら3枚(350g程度)
  • ブロックベーコン   70g
  • 牛乳       300ml
  • バター    25g
  • 薄力粉    20g
  • 塩・こしょう
  • シュレッドチーズ      適量
  • パン粉      適量
  • (あれば)ドライパセリまたはみじん切りパセリ 適量

作り方

1) 白菜は芯の部分を1.5センチ幅のそぎ切りに、歯の部分を3センチ幅に切る。ベーコンは1センチ幅の食べやすい大きさに切る。

2) フライパンにバターとベーコン、白菜の芯の部分を入れて弱火で炒める。白菜から水分がでて、色が透き通ってきたら、葉の部分も加えて中火で炒める。

3) 葉がしんなりしたら塩をかるくふり、薄力粉を数回にわけて都度混ぜながら少しずつ加える。

※粉っぽさがなくなったら次の粉を加えるようにしましょう

4) 薄力粉をすべて加えて粉っぽさがなくなったら、牛乳を4回に分けて加える。

※このときも都度しっかりと混ぜてから次を加えましょう。また、一度に加えるとだまになるので注意しましょう。

5) とろみがつくまで煮詰め、塩・こしょうで味をととのえる。

6) 耐熱の器に入れ、シュレッドチーズとパン粉をかけてトースターやオーブンでこんがり焼いたら完成。

※パン粉をのせると表面がカリカリに仕上がります。

表面カリカリ、中はとろとろ!具材2つで簡単おいしい「白菜グラタン」

お鍋の後、白菜がたくさん余ってしまった…というときにもおすすめですよ。ぜひお試しください☆

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング