寒さで縮こまった体をほぐす!肩こり改善にもおすすめなセルフケア方法3つ

 

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

気温が低いと、肩を丸める姿勢が増えて体が縮こまりがち。朝目覚めた時も、布団の中で丸くなっていることが多いのではないでしょうか?今回は縮こまった体を簡単に伸ばせる方法をご紹介します。

前かがみになった体を伸ばすストレッチ


歯を磨きながら簡単にできるストレッチをご紹介します。

【1】壁に肩の高さで手をつきます。
【2】壁と反対方向に体をひねります。

このストレッチを行うと、肩周りがぐっと開いていくのを感じると思います。体が縮こまり、前かがみに固まっている方は、最初は痛いかもしれません。少しずつ慣らしていきましょう。左右の腕でも差がありますので、確認してみて下さいね。

腕を上げて首のストレッチ


首周りが縮こまっていると、血流が悪くなり肩こりの原因になります。首のストレッチをする時におすすめなのが、腕を万歳のように上げてから行う方法。普通に首を左右にストレッチするよりも、大きく動かすことができます。万歳をした状態で、首を右、左と倒して伸ばしていきましょう。首周りがほぐれると、体が楽になっていくと思います。痛みを感じるようでしたら、無理のない範囲で動かしてみて下さい。

鎖骨下マッサージで筋肉をほぐす


肩こりが酷くて整骨院で診てもらった時におすすめされたのが、鎖骨下のマッサージ。肩の筋肉を直接ほぐすよりも、鎖骨下の筋肉をほぐす方が簡単にできて効果的だそうです。左右の鎖骨を、反対側の指先でさするようにして、ほぐしていきます。肩を直接触っているわけではないのに、肩周りがスッキリするのを感じられると思います。

寒くて縮こまった体をほぐせば、血流が良くなり新陳代謝もアップ。ダイエットはもちろん、凝りをほぐすことで肌にも良い影響があるでしょう。日頃から、体が縮こまらないよう気をつけるとともに、ストレッチやマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング