お腹とウエストを引き締める!冬の「ダイエット」3つの新習慣

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

12月はクリスマスパーティーに忘年会に…と、食べたり飲んだりする機会が増えるシーズン。はっと気がついたら体重オーバー!なんてことも多くなりますよね。

こんな太りやすい時期は、お腹ポッコリを予防し、ウエストラインを引き締める新習慣を始めてみませんか?

【1】目覚めたら布団の中で「腹式呼吸」

朝目覚めた時は、1日のうちで最も体温が下がっています。代謝をアップさせて太りにくい体を作るために、朝の運動が効果的。とはいえ、忙しい朝は運動をする時間がなかなか取れない方も多いですよね…。

でも、朝に運動が出来ない時でも、布団の中で代謝をアップさせる方法があります。それは、目覚めたら布団の中で腹式呼吸をすること。

鼻で大きく息を吸ってお腹を思いっきり膨らませたら、今度は口からゆっくり、少しずつお腹に力を入れながら吐きます。5回繰り返せば、体が温まってくるのを感じるでしょう。お腹のインナーマッスルも鍛えられ、ぽっこり解消に役立ちます。

【2】ボディクリームで「お腹揉み出し」


乾燥する季節でもある12月。お風呂上がりなど、ボディクリームを塗る時にぜひ行ってほしいのが、お腹周りの脂肪揉み出し。お腹のぽっこり部分や脇腹など、贅肉が気になる箇所にボディクリームをたっぷり付けて、揉み解します。

脂肪は柔らかいと落ちやすくなりますので、自分で揉み解して柔らかい状態にしておきます。また、脂肪は移動しますので、マッサージをすることでスッキリもしてきます。最後には太ももの付け根の鼠径部に向かって流していきましょう。

【3】寒い時期でも「水分補給」を


寒くなると水分をあまり摂らなくなる方もいらっしゃるようですが、水分は体の代謝をアップさせるためにも必要なもの。水分をしっかり摂ることは、老廃物を排出しやすくしたり、血流を良くしたり、便秘を解消するのにも役立ちます。

ダイエットを考えるなら、1日に2.5リットルほどのミネラルウォーターを、常温または白湯で飲むことがおすすめです。1度に多量には飲まず、朝を中心に1日のうちでこまめに摂るようにしましょう。続けているうちにお腹がスッキリしてくるでしょう。

***

お腹とウエストを引き締める3つの新習慣をご紹介致しました。食事制限や有酸素運動よりも簡単に始められるものばかり。もちろん、食事や睡眠、運動などの生活リズムにも気を配りながら、お腹とウエストの引き締めダイエットを試してみてください。

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング