ダイエットのラストスパート!夏に向けて「痩せやすい体」を作るコツ

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

6月に入り、真夏はすぐそこまで来ています!今年は堂々とノースリーブが着たいと思いませんか?海やプールに行かれる方は、自信を持って水着になれたらいいですよね。今回は、夏に向けてダイエットのラストスパート!痩せやすい体作りのコツについてお話しします。

【1】夏こそ「湯船」!体を冷やすべからず

湯船に浸かる女性

夏と冬とを比べると、意外にも冬の方が代謝が高く、痩せやすい時期と言えます。それは、気温が低い時は体が自ら温めようとする働きがあるから。

つまり、夏は代謝が低くなり痩せにくい時期。冷房の効いた部屋で冷たいジュースやアイスを飲んだり食べたりすると、体が冷えて脂肪が付きやすくなってしまいます。暑い夏こそ、体を冷やさないように注意が必要です。

飲み物、食べ物で体を冷やさないように気をつけて、入浴はシャワーで済まさずに湯船に浸かって体を温めましょう。

【2】食べ物で「むくみ」解消!

むくみに効くスイカ

代謝が悪くなると、体に水分が溜まりむくみの原因になってしまいます。体がむくむと、それだけで太って見えますし、放っておくとセルライトや脂肪蓄積に進行していくことに…。毎日こまめに「むくみ解消食材」を食べることがおすすめです。

むくむを解消するのに有名な成分は、カリウムとサポニン。カリウムはアボカド、バナナ、海藻などに、サポニンはスイカやキュウリなどに含まれています。また、塩分が濃い食べ物はむくみを招きます。特に外食では味付けの濃いものが多いので、注意しましょう。

【3】上手に「汗」をかいて痩せる

運動で汗をかく女性

暑くなると汗をかきやすくなりますので、上手に汗をかくことで痩せやすくなります。

前述した通り、体を冷やさないために、入浴時に湯船で温まるのも有効です。また、朝から軽くジョギングなどで体を動かして、汗を流すのもおすすめ。朝に代謝を高めておくと、その日のエネルギーを効率よく消費できるようになります。

私が今までで1番スムーズに痩せたのは、ホットヨガで定期的に汗を流していた時。ポイントは、汗をかいた後に体を冷やさないことです。ミネラルウォーターで水分をしっかり補給しながら気持ちよく汗をかき、スッキリボディを目指しましょう。

いかがでしょうか?

ちなみに、特に夏に太りやすくなる、という方は、「口にするもの」が大きく関係しているかもしれません。アイスクリームやビールは、体を冷やして脂肪を蓄積しやすくする、二大NG食品!食べ過ぎ、飲み過ぎにも注意しましょう。

☆この連載は<毎週火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング