BLOG

本当は秘密だらけ!幸せを装う家庭の闇を描く連作小説『空中庭園』

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、角田光代の連作小説『空中庭園』

幸せな家庭に見えるけど、家族それぞれが秘密を抱えてる。本当は息が詰まりそう。小泉今日子主演で映画化もされた傑作家族小説をどうぞ。


空中庭園
著者:角田光代
出版社:文藝春秋

何ごともつつみかくさず、タブーをつくらず。こんな家庭方針を堂々とかかげる京橋家。たとえば、高校生の長女がごはんどきに「自分はどこで生を授かったのか」と訊けば、両親はすかさず答えてくれる。どこどこのホテルでだよ、なんて事細かにあっけらかんと。

家族の中心となっているのは母親の絵里子。誰より積極的に「何ごとももつつみかくさず」を実践しているかのよう。だって、家族の生活のなかに恥ずかしいことも悪いこともみっともないこともあるはずないから。けれど、家族や愛人それぞれが語る話からとんでもない秘密が浮かび上がってくる。ちょっとした隠し事じゃない、明るみに出れば家庭が崩壊しかねない秘密を抱えているのです。

そんな「明るい暮らし」の象徴として、絵里子が作り上げたのがベランダの美しい空中庭園。でも、本当は現実を見ないフリをしているだけ。目を背けているだけ、みんなが自分の役を巧みに演じているだけ——。

外からは幸せな家庭に見えても現実は誰にもわからない。家族にだってわからないのだから。絵里子が作り上げた空中庭園は幻のようにはかなくてせつない。

京橋家の行き着く先は? みんなの抱える秘密にゾクリとしつつ、家族の幸せについて想う一冊です。

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング