いくつ知ってる?SNSでよく使われる英語表現4つ

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

スマホでSNS

あなたはいくつ知ってる?SNSで使われる英語表現

Instagenic = インスタ映え

インスタグラムの流行とともに生まれた新しい言葉です。Instagramに「写真映えする」の”Photogenic”を組み合わせて”Instagenic”となっています。

Poke = つつく

Tik Tokや17 Liveなど、最近は動画配信アプリやライブ配信アプリが人気となっていますが、その中で使われる表現に”Poke”があります。

視聴者が配信者の気を引くために「指でつつく」機能です。日本人には「ポケ」と呼ばれることがありますが、正しい発音は「ポーク」なので注意しましょう。

ikr = それな

YouTubeのコメント欄やツイッターなどで目にすることがあります。”I know, right?”の略語で、相手の言ったことに同意する表現で「だよね」という意味になりますが、日本語の「それな」に近い使われ方をされています。小文字で使われることが多い表現です。

Social Media = SNS

最後に、SNSそのものについて。日本では”SNS”という表現が一般的ですが、英語ではこの表現はあまり使われません。

日本語のSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)にあたるウェブサイトは、英語ではSocial Media(ソーシャルメディア)と呼ばれるのが一般的です。

*****

SNSに限らず、ネットで見かける表現はたくさんありますが、実は日本語のネット用語の多くは、英語で生まれたスラングの翻訳であることも多いんです。

ネット用語は一見難しく見えますが、短く分かりやすい表現が多いので、少し覚えるだけで英語でカッコよく投稿できるかも?しれませんよ♪

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング