朝ちょい足しで冷え解消!生姜よりすごい「シナモン」温活のすすめ

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

朝晩涼しくなってきました。手先、足先の冷えを感じている冷え性の方も多いのではないでしょうか。

体を温める食材としては、生姜や根菜類が有名ですが、今回は、ちょっとおしゃれな温活を提案!生姜を超える温活食材と呼ばれる「シナモン」で体を温めてみませんか?

生姜を超える!?内蔵を温める食材「シナモン」

シナモン

あまり知られていないかもしれませんが、シナモンは生姜を超えるといえるほど、体を温める効果が高い温活食材です。

生薬では「桂皮(けいひ)」と呼ばれ、様々な漢方薬にも使われてるシナモン。生姜は生のままだと、体を逆に体を冷やしてしまったり、体の表だけを温める作用しかありません。

それに対してシナモンは温裏作用(体の内側を温める作用)があると言われ、体の表だけでなく内臓から温めてくれるのです。また、シナモンの独特の香りにはリラックス作用があり、血流を良くする効果も期待できます。

体ポカポカ♪「朝のシナモンティー」

シナモンティー

体温が1番下がっているのは、朝目覚めた時。白湯を飲むのも良い習慣ですが、シナモンティーで体を温めるのもおすすめです。

お湯を注ぐだけですぐに飲めるティーパックなら、忙しい朝にも手間いらず。余裕がある朝なら、ティーパックを5分ほど煮出した中に牛乳を注げはチャイとしても楽しむことができます。

また、いつものコーヒーや紅茶にシナモンスティックを入れてかき混ぜるのも、お手軽で美味しいですよ。

お手軽「シナモンパウダー」を朝食にちょい足し!

シナモントースト

より手軽にシナモンを取り入れるなら、シナモンパウダーがおすすめ。飲み物はもちろん、朝食のフレンチトーストやヨーグルト、野菜炒め、カレーやシチュー、スープなど様々な料理に使うことができます。

シナモンパウダーだけだと食べにくいと感じる場合は、砂糖やハチミツなどの甘味料と合わせて使いましょう。予め砂糖とシナモンパウダーを混ぜ合わせておくと便利です。白い砂糖は体を冷やしますので、黒糖やてんさい糖を合わせるようにしましょう。

体温が上がると代謝がアップし、太りにくい体を目指すことができます。また、免疫力も高まり風邪などのウイルスから身を守る力も高まります。寒い冬を迎える前に、今から体を温めて健康的な美しさを目指しましょう!

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング