実は甘くない!?ホテルの「スイートルーム」の意味とは

 

週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

ホテルのスイート

実は甘くない!?ホテルの「スイートルーム」の意味

一度は泊まりたい、ホテルの「スイートルーム」。この正しい意味をご存じでしょうか?

“sweet”=甘いで、ハネムーンで泊まるような高級な部屋だと思っていませんか?

実は、英語で正しくは “a suite” と言い、これは、「一続きの部屋」や「ひとそろい」を意味します。

ですので、実は英語では “room”を付ける必要もありません。つまり「スイートルーム」という言い方は、和製英語とも言えます。

“a suite” は、寝室やリビングなどの他の部屋が一続きになっている部屋なので、もちろん、普通よりはグレードが上の部屋を指します。

でも、Sweetな部屋、という意味ではありませんので、覚えておいてくださいね♪

(記事協力:シャドースピーキング事務局

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング