日本語の「お邪魔しました」英語でどう言う?

週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

日本語の「お邪魔しました」英語でどう言う?

「お邪魔しました」あなたなら英語でどう言いますか?

「お邪魔しました。」

誰かに自宅などに招いてもらったら、帰り際によく使うセリフですね。

これを文字通りに英語にすると “I’m sorry for disturbing you.” になりますが、楽しく過ごした帰り際に謝られてしまうと、相手を困惑させてしまうかもしれません。

この表現に限らず、日本語ならではの言い回しを英語でどう言えばいいか悩んでしまった時には、日本語の意味をかみ砕いて考えてみてください。

帰り際に感謝の意を伝えたいときの「お邪魔しました」なら

“Thank you for inviting us.”(=お邪魔しました/ご招待ありがとうございました)

直訳すると「招待してくれてありがとう」と言えばいいのです。これだけで十分通じますよ♪

英語でシンプルに表現する癖をつけると、ネイティブに伝わりやすくなります。

(記事協力:シャドースピーキング事務局

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/
◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング