真似したい!リアルな「ワンルーム」レイアウト実例3つ

おはようございます!気持ち良い朝時間を迎えられそうなお部屋やインテリアをご紹介している「モーニング・ルームスナップ!」

今回は「ワンルームのレイアウト」をテーマに画像を紹介したいと思います。

ワンルームといえば、「自分のお城」感があって楽しい空間ですよね。もちろん、広さやその他多くの制約があることが多く、特に家具の配置に悩んでしまうことも。そこで3つの実例を通してレイアウトを考えてみたいと思います!みなさんのおうちはどのタイプですか?

【レイアウトその1】ベッドを窓と平行に


画像提供:RoomClip

まずはTakkyさんのお部屋を拝見します。

間取りは1K8畳で、2人掛けのソファを置きたいため、このレイアウトを選択されたそう。ベッドを窓と平行に配置することで、くつろぎ空間と寝る空間を柔らかく分離できるため、1部屋でも複数の空間を作り方におすすめのレイアウトです。

その際、ベッドとソファ空間の間に、簡単なパーティションを置いても◎です。

【レイアウトその2】ベッドをコーナーに


画像提供:RoomClip

続いてはioさんのお部屋です。

ベッドは部屋の角に配置しています。このレイアウトの特徴は、部屋を一体的に感じて使うことができる点。広さを感じることができます。

部屋のレイアウトを考える時に「TV」の有り無しと、どこから見たいのかを考えるのも大事なポイント。くつろぎエリアだけでいいのか、ベッドからも見たいのかで家具の配置はかわってくるので、気にしてみてください。

【レイアウトその3】ベッドを入口側に


画像提供:RoomClip

最後はSe.さんのお部屋を見てみましょう。

ベッドはあえて入口側に置き、細長い部屋の奥にリビングスペースを作っていらっしゃいます。ソファの背がパーティションがわりになり、2つのスペースが分離されていますね。

ベッドは比較的生活感を感じやすいため、あえて視界に入らない位置に置くのもアリですね。特にお客様がいらっしゃった時にいいかもです。

*

ワンルームのレイアウト実例、いかがでしたか?

レイアウトを左右するのは、一番大きな家具である「ベッド」をどこに置くのかと、くつろぐスペースと寝るスペースをわけるのか一体化するのか、に尽きるかも知れません。一部屋しかないからこそ、自分の思い通りの暮らしができるようにかえていけると楽しいですね。

さ、次はどのお部屋をご紹介しようかな。というわけで次回をお楽しみに!

今日ご紹介したお部屋

1つ目のお部屋

Takkyさんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/292313

2つ目のお部屋

ioさんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/1512537

3つ目のお部屋

Se.さんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/162441

この連載の一覧を見る >>
https://asajikan.jp/author/68/

☆この連載は<毎週木曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

モーニング・ルームスナップ!

気持ちよい朝時間を迎えられそうなお部屋とインテリア
Written by

徳島久輝

コンテンツプランナー。
5年間の海外生活でインテリアの楽しさを知り、生業とすることを決意。帰国後、ライフスタイルショップ立ち上げ、大手総合情報サイトでの編集やインテリア関連メディアの編集長を経て、現在フリーで編集を手掛ける。4年前には中古マンションを購入しリノベーション。趣味はタルト作りと部屋の写真を眺めて夢想すること。Instagramはこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング