新生活にむけて♪「団らんスペース」の作り方アイデア3つ

おはようございます!気持ち良い朝時間を迎えられそうなお部屋やインテリアをご紹介している「モーニング・ルームスナップ!」。

今回は「家族団らんスペースの工夫」をテーマに画像を紹介したいと思います。

そろそろ新生活期。新しい土地に引っ越したり、模様替えをしたりを考えていらっしゃる方も多いことでしょう。そんな時に参考にしたい、家族団らんスペースのアイデアを探してみました。いつもより少し大掛かりかな?と思いますが、参考にしてみてください。

【1】「ソファ」と「ダイニングテーブル」を合わせる


画像提供:RoomClip

まずはreeさんの工夫から拝見します。

その工夫とは、ダイニングテーブルをリビングに置き、ソファの高さにあわせてカットして使用すること。ダイニングテーブルとソファエリアがわかれているお宅が多いかとは思いますが、スペースがその分必要だったり、家族が散らばったりしがちですよね。

でもこのアイデアなら、みんなが1つのテーブルを囲んでリラックスすることができそうです。ちなみに、お子さんが帰ってくると友達と一緒にテーブルを楽しく囲んでいるのだとか。いいですね!

【2】「丸いモノ」を選ぶ


画像提供:RoomClip

続いては、Noboさんの団らんスペースを見てみましょう。

こちらでの工夫は、ラグとテーブルを丸い形のものにしたこと。自然とご家族がまるくなってくつろぐようになるそうです。

団らんスペースを考える時に、家族がどのように集うことが理想なのかを考えてみることが大事です。その際にNoboさんのように、理想にそって形を選んでいくのは素敵な工夫だと思いました。ソファに座ったり、ラグに座ったり。思い思いのスタイルで集っている様子が目に浮かびます!

【3】「ベッド」をソファがわりにする


画像提供:RoomClip

最後はmi-さんのリビングを見ていきます。

リビングにはなんと、ベッドが!でもこれは寝るためではなく、ソファの代わりに使っているとのこと。ベッドは形もシンプルなので、置く場所は選びませんし、どんなスタイルにも合います。クッションなどのファブリックをかえることで、季節によって異なる雰囲気にしやすそう。

リビングにはソファ、となんとなく思い込んでしまいますが、アイデア次第でくつろぎスペースは好きなように作っていけるんですね。

*

家族団らんスペースの工夫、いかがでしたか?最近はホームパーティーなどもさかんに行われ、来客が多いご家庭も多いのでは。リビングは家の顔となるスペースなので、思う存分工夫してみて下さい!

さ、次はどのお部屋をご紹介しようかな。というわけで次回をお楽しみに!

今日ご紹介したお部屋

1つ目のお部屋

reeさんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/1378225

2つ目のお部屋

Noboさんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/898265

3つ目のお部屋

mi-さんのお部屋
https://roomclip.jp/myroom/609347

この連載の一覧を見る >>
https://asajikan.jp/author/68/

☆この連載は<毎週木曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

モーニング・ルームスナップ!

気持ちよい朝時間を迎えられそうなお部屋とインテリア
Written by

徳島久輝

コンテンツプランナー。
5年間の海外生活でインテリアの楽しさを知り、生業とすることを決意。帰国後、ライフスタイルショップ立ち上げ、大手総合情報サイトでの編集やインテリア関連メディアの編集長を経て、現在フリーで編集を手掛ける。4年前には中古マンションを購入しリノベーション。趣味はタルト作りと部屋の写真を眺めて夢想すること。Instagramはこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング