BLOG

なんてことない日常が愛おしい。心がほどけるエッセイ集『木皿食堂』

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『木皿食堂』

新しい一年のはじまりにぴったりの本をセレクトしました。夫婦脚本家・木皿泉のエッセイやインタビューなどをまとめた一冊です。


木皿食堂
著者:木皿泉
出版社:双葉社

カレーが夕方の匂いなら、パンは明日の匂いがする。そんな言葉にほろり。

泣きそうな気持ちの帰り道、カレーの匂いにうっとりして、ふと空を見上げたらまんまるいお月さま。落ち込んだりつまづいたりしながらも、ささやかな日々が続いていくだけでいい。この本を読みながら何度も思います。

夫婦の会話のほとんどが食べ物の話だというお二人。玉子と愛の話、懐かしいお母さんのロールケーキ、二人の好物、家でゆっくり飲むお茶。なかでも、パンの匂いやパンの焼ける音に幸せを感じると語ります。「明日のパン買うてきて」というときの「明日のパン」という言葉が好きなのだそうです。

明日のパンが朝を連れてきて、また一日がつながっていく。なんてことない日常が幸せなんだ。そう気づかせてくれる本。明日の元気がわいてきます!

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング