朝が苦手なわたしがすっきり起きられる。「夜時間の過ごし方」3つ

 
朝を楽しむ「朝美人アンバサダー」のみなさんに「お気に入りの朝の過ごし方」を教えていただく連載です!

おはようございます!朝美人アンバサダーのつきです。

朝美人アンバサダーをさせて頂いておりますが、実は・・・朝が苦手です。そして面倒臭がりのわたしです。

そんなわたしが早朝苦痛なく起きて準備が出来るようになった、お気に入りの夜時間の過ごし方をご紹介いたします。

「夜時間」が目覚めの良い朝をつくる

えっ!?夜時間??ですよね。

すみません(;^_^A わたしにとって、朝は本当に貴重な時間です。戦いのような時間です。

普段は5時49分頃に起きて、高校に通う長男のためにお弁当作りから始まります。そして、みんなの朝ごはんの準備、諸々していると、朝のわたしのゆったりとした時間は通常皆無です。

朝がとても苦手な私で、面倒臭がりのわたしは…夜の過ごし方で、次の日の早朝の目覚めをよくしています。

【1】まずは入浴!体調に合わせてアロマをセレクト♪

冬はもちろんですが、夏場も必ず湯船につかるようにしています。わたしにとってアロマバスソルト、バスボム等(入浴剤)は必須です!その日のメンタルや体の調子に合わせてアロマ(精油)をセレクトします。

湯船でマッサージしたり、香りに癒されてることで、副交感神経を優位にさせ、たとえ短い睡眠時間でも質の良い睡眠が期待できるそうです。

1

皆さん、体(肌)に入れること(化粧品や食など)にとても意識されますが、わたしは1年中、体から出すこと、つまりデトックスすることに意識しています。

太ってはいませんが、汗がかきにくいし、足のむくみも気になるので余計に。デトックスすることによって、化粧品も食も効率よくスムーズに吸収してくれますよ。シャワーだけと違い疲れも取れるし、美肌にもよいですよ。

これでも、疲れが取れないな、と感じる時は、アロマの他に、クレイ(泥)を使い、湯船をクレイバスにして、身体中の老廃物をデトックスするスペシャルケアをします。とても身体が軽くなります。

【2】「寝室の香り」で目覚めを良く♪

3

更に、寝るときは、寝室のアロマにも気を遣っています。アロマディフューザーに、ラベンダーとスィートオレンジ、たまにイランイランを滴下しています。

夜用の香りで、スィートオレンジは、次の朝の目覚めよくする香りと言われています。

【3】「白湯」と「リビングの香り」で始まる朝時間

2

そして、朝起きて、キッチンで作業する際に、カーテンを開け、朝日は必ず浴びます。

朝、まずすることは、リビングキッチン用のアロマディフューザーをオンにして、白湯を飲みます

朝用の香りは、ローズマリーとレモンのアロマ(精油)です。最近の暑い時期、ペパーミントもよくセレクトしています。どれも、脳を覚醒させてくれる香りで、今日も1日頑張ろう!という気分にさせてくれます。

よい香りで自然と脳が覚醒され、起こしてくれます。

朝からウォーキング、ラジオ体操、ヨガ…理想のわたしですが、実際はほど遠く…上記のように夜の時間をどう過ごすか?を大切にしています。40代のわたしですが、お肌の調子もとてもよいです。

とっても簡単ですし、わたしみたいに朝が苦手な方に、香りに癒されながら 心地よく無理なく身体が目覚めてくれますよ。わたしのお気に入りの過ごし方、参考になるとうれしいです。

今回ご紹介してくれた朝美人アンバサダーさん

つきさん1

つきさん(アロマライフスタイリスト・アロマ講師)

アロマテラピー講師として南青山で活動していました。現在は宮崎県在住で、宮崎・東京・熊本でアロマ講師として活動しています。3児の母でもあるので、朝は義務感が上位にたち仕方なく早起きしていましたが、数年前から【朝早く起きるメリットがたくさんある!】ことに気づき、それ以来早起きのライフスタイルが定着しました。私の得意とするアロマ、美容と健康、食、インテリア(片付け)等を発信していきたいです。

■blog:http://ameblo.jp/kaoriya3/

■Instagram:@kaoriya3

朝美人アンバサダー2017のみなさんのプロフィールはこちら >>(https://asajikan.jp/ambassador_2017)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝美人アンバサダー「お気に入りの朝の過ごし方」

朝美人アンバサダーさんによるリレーコラム
Written by

朝美人アンバサダー

朝って、いいな♪」を合言葉に、朝の過ごし方や楽しみ方を発信してくれている、公式「朝美人アンバサダー」のみなさん。「お気に入りの朝の過ごし方」は、人によってそれぞれ。気になるアンバサダーの方がいたら、ぜひブログやSNSもチェックしてみてください。プロフィール一覧はこちら

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング