日本と違う?ショートケーキとLet’sの甘い罠

おはようございます♬

ワシントン州はいちごが旬。
ということは先週書かせていただきましたが

いちご大好きすぎて(決してネタ切れでは….w)
今週もいちごの話と
ふと気づいた英語フレーズの罠について。

ワシントン州のいちごが旬になる前
店頭にはまずカリフォルニア州のいちごが並びます。

お友達の愛子ちゃんが教えてくれた
美味しいいちごがこのブランド『Driscoll’s
オーガニック(下の緑のシール)と
そうでもないもの(上の黄色のシール)
どちらも美味しいので
アメリカ旅行中にいちごを食べたくなったらぜひ♬

いちご

 

 

 

 

 

 

そして、アメリカに来て驚いたことの1つ
日米の『ストロベリーショートケーキ』の違い。

日本人の私たちにはショートケーキと言えば
ふわふわスポンジに生クリーム、そしていちごが定番ですが

ここアメリカではショートケーキと言えば
パンとケーキの中間のような生地
いちごや生クリームがのっているものが定番。

ショートケーキ

 

 

 

 

 

うちの近所のスーパーにはこの土台部分のビスケットが
いちごの隣に置いてあって
これを見るとついついセットで買ってしまう…
お店側の目論見にまんまとハマる優良カスタマーの私。

買ってきたいちごを洗ってヘタを取り、適当な大きさに切って
砂糖をたっぷりまぶしたらマッシャーで潰せば
3分で完成!『ストロベリーソース』!

このビスケットにアメリカ人は
生クリームやアイスクリームをのせるのですが
私にはこれで十分甘くておいしい
ストロベリーショートケーキとなります(一度お試しのほど)♬

ちなみに日本のショートケーキは不二家さんが
あのような形にして浸透していったそう。すごい( *´艸`)

 

最後の写真はアメリカに来てからずーーーっと気になていた
コンデンスミルク(練乳)

日本にあるようなあのチューブタイプのものが見つからなくて
いつも缶で買ってきては使い切れずに捨ててしまう
を泣く泣く繰り返してきたのですがなんと!コンデンスミルク

 

 

 

 

 

 

近所のスーパーで発見!!!!!
(同僚が差し入れで持ってきてくれたもの)

心なしかパッケージもあの日本のデザインに似ているような…
そしてかわいい♡( *´艸`)♡

そんなわけで急きょ、いちごパーティーが始まり
私:「Let’s join us!
同僚たち:「CHIHO…(; ・`д・´)

え…また間違ってる?私、また英語間違ってるのね( ;∀;)
と、いうことで同僚で私の英語の先生Will曰く

Let’sはLet usの短縮形。
Let’s join us.と言ってしまうと
Let us join us.」と意味不明な文章に…

この場合、私が言いたかったのは
一緒に食べようよ」なので
Let’s eat together.」で正解。

ちなみにLet’s ○○.への答え方は
①同意するとき:Yes, let’s.
※アメリカではOK.やSure.を多く聞きます。

②断るとき:No, let’s not. と学校で習いましたが
※こちらもI’d rather not.とやんわり言うことが多いです。

甘いいちごと練乳のおかげ(?!)で
またひとつ大人の(英会話の)階段を登ることができました♬

と、いうわけでおあとは全然よろしくないですが
みなさまどうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング