毎朝フレッシュな気分に♪「白のチカラ」あふれるインテリア3選

おはようございます!気持ち良い朝時間を迎えられそうなお部屋やインテリアをご紹介している「モーニング・ルームスナップ!」。

今日は、まっさらな気持ちでスタートしたい新年1回目ということで、「白のチカラ」をテーマにインテリアを紹介したいと思います。

昨年、インテリアSNS「RoomClip」の新タグ賞を受賞した「白のチカラ」。ナチュラルなインテリアやモノトーンはここ数年定着してきてはいますが、それよりさらに白度が増したインテリアが昨年は広がりました。

それでは早速見てみましょう♪

白でまとめられたキッチン

6f54f24fa45c285c50688f5212ad655088a9150c

画像提供:RoomClip

最初はAさんのキッチンからです。キッチンのカウンターから板壁、引き出し、天井ととにかく白でまとまっています。そしてオープンシェルフにある琺瑯の保存容器や鍋の色も白。そして差されている色は、木の色や植物の色のみです。

このような優しい白にするには、Aさんのように、何か自然のものの上に色を塗ると良いのかもしれません。特に木の上に白を重ねるといわゆる真っ白にはならず、表情のある白になります。汚れが気になる白色でも、もとから多少くすんでいたらむしろ経年変化を楽しむ気持ちの余裕が生まれそう。

シャビーなアイテムが可愛い!

f9f266f60cd702aa263686855343ec12d45fdd59

画像提供:RoomClip

続いてはKさんのお部屋から。こちらは、元々和室だったところをDIYされたそうです。すこし寂れた雰囲気が人気の「シャビーシック」スタイルが素敵です。

白と一口にいっても、蛍光灯の白から生成りの白までいろいろ。こちらのお写真でも、レースと子どもさんの洋服の白い色は違いますよね。その違いを意識しながら、レイヤーで重ねるように考えて行くと白い空間に奥行きが出てくると思います。

白い色は部屋を広く見せる?

9932df0de5211adea0cf7eb39ba88b26fc475382

画像提供:RoomClip

最後はCさんのリビングです。白が大好きとおっしゃるCさんは、「白のチカラ」でお部屋が広く見えるなと感じているそう。普段あるものだけではなく、天井からぶら下げたガーランドなども用いてさらに白色度を増すテクニックも。いいですね。

*

「白のチカラ」いかがでしたか?

スタイルを作る上で色はとても大事な要素です。その中で白にこだわるときには、白の色味の幅をうまく使っていくことと、木やその他素材を「塗る」ことで生まれる白色をつかえるようになると、だいぶインテリアの奥行きが増しそう。

朝時間に美しいと言う意味では「白のチカラ」は味方につけたいものです♪

さ、次はどのお部屋をご紹介しようかな。というわけで次回をお楽しみに!

今日ご紹介したお部屋

1つ目のお部屋

Aさんのお部屋
http://roomclip.jp/myroom/158918

2つ目のお部屋

Kさんのお部屋
http://roomclip.jp/myroom/576526

3つ目のお部屋

Cさん
http://roomclip.jp/myroom/290885

この連載の一覧を見る >>
https://asajikan.jp/author/68/

この記事を書いた人
Nice to meet you!

モーニング・ルームスナップ!

気持ちよい朝時間を迎えられそうなお部屋とインテリア
Written by

徳島久輝

コンテンツプランナー。
5年間の海外生活でインテリアの楽しさを知り、生業とすることを決意。帰国後、ライフスタイルショップ立ち上げ、大手総合情報サイトでの編集やインテリア関連メディアの編集長を経て、現在フリーで編集を手掛ける。4年前には中古マンションを購入しリノベーション。趣味はタルト作りと部屋の写真を眺めて夢想すること。Instagramはこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング