ほっこり♪和朝食の基本「お粥」と「梅昆布なめたけ」の作り方

 

おはようございます!

先日の「絶品!チョコモカ味&コーンクリーム味のフレンチトーストレシピ」(>> https://asajikan.jp/article/109549はいかがでしたか?周りから「作りました!」と言う声がたくさん届き、とてもうれしいです。簡単で美味しいので、是非試してみてくださいね。

今回は、洋のフレンチトーストからガラッと変わって、和朝食の基本「お粥の作り方」をご紹介します。

暑かったり寒かったり体調を崩しやすいこの時期ですが、朝食はしっかりと食べましょうね。とくにお粥は、お腹にやさしく、体も温まります。寒いこれからの朝にはぴったりですね!

今回は、お粥と一緒にたべたい「梅昆布のなめたけ」もご紹介します!作りおきが可能なので、忙しい朝には便利な一品です。

お米から炊く基本の「お粥」

DSC_1902

作り方(お茶碗2杯分)

1) 米1/2カップは軽く洗って水気をしっかりと切ります。

2) 鍋に米と水500mlを入れて、強めの中火にかけます。ふつふつ煮たってきたら、火を弱火にして、蓋を少しずらしてのせて30~40分煮ます。途中で混ぜて、水が足りないようなら、少し足してください。塩ひとつまみを加えて完成です。

水1に対して5~7の水で煮るが、一般的に食べられている割合です。食欲がないときは、水を10まで増やすといいですよ。体調に合わせて作ってみてください。

お粥と一緒に食べたい作り置き「梅昆布なめたけ」

作り方(作りやすい分量)

1) フライパンに、石突きを落として長さを半分に切ってほぐしたえのき1袋分と、種をとり、包丁で叩いた梅干1個分、細切りにした昆布5センチ角分、みりん大さじ2・しょうゆ大さじ2・砂糖小さじ1/2を入れて、火にかけます。

2) 焦げないように時々混ぜながら煮て、水分が飛んだら、かつお節1/2パック分を入れて、よく混ぜます。

お好みで白ごまをいれても美味しいですよ。

いかがでしたか?時間はかかりますが、生米から炊いたお粥のおいしさは◎ですよ。是非試してみてください!

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝食女子のための基本レッスン

朝ごはんメニューを美味しく作る”基本”
Written by

料理家 村山瑛子

(料理家・フードコーディネーター)
新潟県出身。女子栄養大学食文化栄養学科卒業後料理家のアシスタントに就め独立。「料理って簡単!食卓って楽しい!」をモットーに雑誌などのレシピ提供やスタイリング・番組制作などに携わり活躍中。代官山にあるLatelier de SHIORIのビギナーレッスンを担当する。著書に「手抜きでサクッと♡イイ女ごはん」がある。【ホームページ】http://www.murayamaeiko.com  【instagram】 https://www.instagram.com/murayamaeiko/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング